特別イベント

まだまだ産業として未成熟ではあるものの、無限の可能性を秘めているスポーツ。
そんな「スポーツを仕事にする」ことをまずは第一歩として歩んだメンバーを紹介します。
とはいえ彼らの道のりはまだ道半ば。「スポーツ業界で活躍する」ことを目的に掲げMARS CAMPで出会った頃と変わらず今も獅子奮迅の切磋琢磨。
業界内の様々な場所で活躍するメンバーの働きぶりを、目指していた当初を少しだけ振り返りながら、お届けしたいと思います。


伊原 奈央氏 株式会社モブキャスト
ゲーム事業本部 プロモーション編成部
プロモーションチーム
伊原 奈央氏

◎何期生ですか?

5期・6期・7期生


◎今はどんなお仕事を?

自社ゲームのプロモーションを担当しています。今はアプリゲームのプロモーションがメインですね。 スポーツでいえば、時期によっては「モバプロ」「モバサカ」「モバダビ」をはじめとするスポーツタイトルのプロモーションもやらせてもらっています。


◎なぜ、今の会社を選んだのですか?

学生時代、とにかくチーム広報の仕事がやりたくて新卒でチーム就職を目指していました。
今CAMPに来ている方や勉強している方はお分かりだと思いますが、人手は欲しいけど
新人や未経験者の受け入れ態勢が整っているチームばかりではないのが現状です。
これはどの業種でも同じことですが、即戦力が求められています。
逆に言うと、今チームが欲しい能力を自分が持っていれば必要とされるということ。
その能力があれば新卒でも活躍はできると思いますが
当時のわたしには「これができます!」と胸を張って言えるものはなかったので
一度、力をつけられる会社に就職してからチームを目指すことにしました。
チーム広報に必要な能力とは・・・と逆算してPRやマーケティングに行き着き
CAMP生、SUMMER INTERN生対象にモブキャストの説明会があり、
新卒初採用のタイミングで、マーケティングという貴重な枠の採用だったので
面接を受け入社に至りました。
当時、スポーツチームをスポンサードしていたこともあり、企業がなぜスポンサードするのか、スポーツに何を求めているのかを理解できる環境だと思い、将来スポーツチーム側で働くなら、相手方の要望を知っていることはすごく強みになるので…この点も大きな決め手でした。


◎業界の中で今の場所故のやりがい

一般企業がスポーツというコンテンツにお金を投資すること、
価値は分かっているけれど、その価値を使い倒すのはすごく難しいことを肌で感じながら
どうしたらお互いのメリットが生まれるかを考える機会があることです。

もし、最初からスポーツを提供する側だったら、一般企業が(スポーツに関係する企業も)スポーツを使いたくても使えない状況や理由はきっと分からなかっただろうなと思います。
あとは、スポーツ業界が弱いと言われている、Webの分野で少しでもスポーツと関わっていることはやりがいです。きっと役に立つだろうなと感じています。


◎そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

わたしは地元のサッカーチームを応援しているのですが、
この地域でチームを応援している人・知っている人ってどれくらいいるのだろうか・・・
メインの商店街は2つあるけど片方しかフラッグ出てないな・・・
もっと地域全体で応援している雰囲気って出せないのかな・・・

このチームをもっとアピールしたい!という思いが、スポーツ業界で働きたくなったきっかけです。
今考えると本当に無知で恥ずかしいですが、当時は簡単にチームに就職できると思っていて
「チーム名 新卒採用」で検索して・・・ビックリ(笑)
中途採用、経験者採用しかしていない・・・さてどうしよう。
少しずつ調べてみて、まずは遠くから試合運営を見てみようとボランティアを始めました。
その頃、就活生向けの夏休みインターンの情報が解禁になりました。
わたしはスポーツの仕事以外興味がなかったので、全くチェックしていなかったのですが
友人がわたしの興味ありそうなインターンがあったと、SUMMER INTERNを教えてくれました。
SUMMER INTERNに参加したり、MARSの社員さんやCAMPの先輩方とお話するにつれて
アプローチ方法がぼんやりと見えてきて、もっと学んでみようと思いCAMP受講を決めました。


◎MARS CAMPでの学びといえば?

自分から動くこと、自分をアピールすること。
あとは、初対面の人へのバリアをぶち壊せるようになりました(笑)

→一番印象に残っている講義は?
ひとつ選ぶのは無理です。たくさん書いていいですか?(笑)

・直川さん(株式会社マザーランド)
・西谷さん(株式会社ディー・エヌ・エー)
・高野さん(高野商事株式会社)
・成田さん(株式会社北海道日本ハムファイターズ)※特別イベント
わたしは受講前、その日の講義内容を想像したり、勉強してから望んでいましたが
上記の方々の講義はいい意味で裏切られました。
とても勉強になりました。

・伊藤さん(株式会社ガンバ大阪)
・渡邉さん(株式会社日本コカ・コーラ)
・横田さん(株式会社読売巨人軍)
・鈴木さん(株式会社エスイーエス)
本当にお会いできてよかった講師の方々です。
もちろん今までの講師の方全員、普通ではお会いできない方ばかりですが
上記の方々との出会いはわたしにとても大きな影響を与えています。

同期で刺激を受けた人は、
田中佑典、北村賢人、飯田速人、野妻直也

講義や実践塾も出席率が高く、どの現場に行っても誰かしら必ず一緒だった気がします。
特に実践塾は本当に刺激を受けました。
本当に負けたくない気持ちでいっぱいでしたし、今でも絶対負けるもんかと思っています(笑)。

熱量が高く、その熱量が途切れることがなかったのがこの4人かなと思います。


◎VISION-なし得たい事、
 個人としてなし得たいこと。

スポーツに関わらずですが、世の中に溢れているプロモーションには
凄すぎて鳥肌がたってしまうような仕掛けをしているものがあります。
そのようなプロモーション施策を見ると、私もこんなのやってみたい!と強く思います。
ゾゾゾッとするようなもの、仕掛けてみたいです(笑)


◎MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

まだまだ未熟者ですが、今はお金を遣う立場にいるのでその立場から。
スポーツゲーム(Web)とリアルスポーツの親和性と難しさですかね。
わたし自身が日々あれこれ悩んで考えていることです。
あとは、女性がもっと活躍できるということです。
男性に混じって力仕事もできる、細かいことにも気が回る、そんな女性って
スポーツ業界に限らずですが、最強だなと思うんです。
CAMPを受講している女性はそんな女性や、そうなれる女性がたくさんいると思うので
ガツガツ頑張りましょう!ということを伝えたいです。


◎これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

CAMPでは、普通じゃ出会えないような業界の方との出会い、
貴重なインターンや経験ができる機会がたくさんあります。
それを使い倒すのはもちろん、そこから更にどうやって自分から動くか、
与えられるものだけやるのではなく、更にアウトプットできるかが肝だと思います。
そもそもCAMPに来ている時点で自分から動いているので、
CAMP生はできることだと思うんですけどね。

あとは熱量を途切れさせないことだと思います。これが一番簡単で難しい気がします。
負けないようにわたしも頑張ります!!!


◎MARS CAMPも5周年を迎えました!メッセージをお願いします

おめでとうございます!
こうやって長く続いているお陰で、
助けてくださる先輩や刺激をくれる後輩と出会うことができて、すごく幸せです!
この繋がりにすごく感謝しているし、CAMPのコミュニティーが大好きです!
これからもよろしくお願いします!







Information

【2/1】MARS CAMP 2017 Spring & Summer(第14期)生の受付開始!

スポーツ業界人輩出500名を突破したMARS CAMPは4月から第14期の開催が決定。定員130名の限定募集!募集受付の締め切りは定員もしくは3月31日までとなります。

MARS CAMP生インタビューVol.55 ㈱ドーム 篠原氏【NEW!】

スポーツ業界人輩出500名を突破したMARS CAMP。業界内の様々な場所でCAMP生が活躍しています。今回は《UNDER ARMOUR》ブランドのアパレル企画として活躍中の篠原氏のリアル!

【2/16開催!】MARS CAMP第13期・14回はJリーグ国際部プランナーの小山氏が登場!

2017年2月16日(木)19:30~21:30 リーグ・協会の宿命 - 普及・強化に向けた青写真を描く者 –「Jリーグをアジアのプレミアリーグに…」というMISSIONの背景と、最新展開を開幕直前にお届け!

開催日程決定!2月18日(土)『Recruit CAMP2018 Vol.2 ~ナビサイト解禁直前!就活成功の切符を掴み取るのは誰だ!?~』

1月開催の「Recruit CAMP 2018 vol.1」は、満員御礼にて終了。第2回の開催が決定しました。

MARS CAMP生インタビューVol.53 アスルクラロ沼津・岩田氏!

スポーツ業界人輩出500名を突破したMARS CAMP。現在は業界内の様々な場所でCAMP生が活躍しています。今回はアスルクラロ沼津でクラブスタッフとして活躍する岩田氏のリアル。