メーカーで“モノづくり”と“コトづくり”ができる事が魅力

受講生インタビュー

  • 受講生
    戸丸 敦裕
  • 所属
    株式会社フェニックス
    ホールセール営業部
  • 受講時期
    第15期 2017 FW 第14期 2017 SS 第13期 2016 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1スキーやアウトドアのウエアを扱うphenixブランド、サッカーやゴルフのウエアを扱うKappaブランドなどの企画製造販売を行うフェニックス社にて、量販店や専門店などへの営業活動を中心に、店舗の売上促進を図るための業務を行っております。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2日常の中にスポーツと接する機会を作り出し、スポーツで多くの人たちの生活を豊かにする仕事がしたいと考えていました。MARS CAMPの学びを通じて、スポーツメーカーでは、多くの人のスポーツを始めるきっかけや熱中するきっかけを作りだす仕事ができることを知り、メーカーを志望しました。フェニックスでは、トップレベルの選手からライトユーザーが着るウエアまで幅広く商品を展開しているので、様々な側面からモノづくりとコトづくりができると思い、入社を決めました。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3実際にphenixやKappaのウエアを着ている人がスポーツを楽しんでいる姿を見ると、スポーツメーカーで働くやりがいを感じます。また、オリンピックやJリーグでもブランドの露出があるのは、大きなモチベーションにもなっています。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4インターネットなどで調べてもスポーツ業界への入口は思ったようには見つからず、スポーツビジネスの世界に入るために何をすべきか悩んでいたときに、MARS CAMPの存在を知りました。スポーツビジネスを根本から学べるという点と最前線でご活躍されている方のお話を伺えるという点に惹かれ、とにかく何か行動しないといけないと思っていたので、迷わず参加することを決めました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5⇒CAMPにきてできるようになったこと。
    講師やマース社員の方からとにかく情報を取ること!
    講義はもちろん、交流会でも積極的に話を聞きに行くことで、新しい発見がたくさんありました。講義で学んだことをさらに深く掘り下げて頂けるので、ここでの時間がとても重要でした。時には、喝を入れて頂くこともありましたが。(笑)

    ⇒一番印象に残っている講義は?
    アディダスジャパン株式会社の山口さんの「モノづくりとファンづくり‐スポーツブランドの戦略」の講義です。
    “モノづくり”のお話では、スポーツメーカーの醍醐味を感じることができました。また、“ファンづくり”のお話からは、モノづくりだけでなく、スポーツを通じて人々の心を動かすこともできると学び、メーカーへの思いがより一層強くなりました。
    何より山口さんのアディダス愛が印象に残っています。

    ⇒同期で刺激を受けた人は?
    本人にはあまり言いたくないですが・・・岩佐蒼くんです。彼の積極的な姿勢と行動力は、とても刺激になりました。年下ではありますが、「岩佐には負けてられないな」と思いながら、講義もインターンも交流会も参加していました(笑)

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6業界や市場、ユーザーなど、まだまだ勉強中しなければならないことだらけですが、ゆくゆくはスポーツマーケティングの分野で、ブランドを世の中に発信していく仕事もしたいです。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7「スポーツメーカーの仕事のリアル」ですかね。まだまだ勉強中なので、いつかそんな日が来るように頑張ります。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8新しい情報をインプットでき、自分の考えをアウトプットできる場所でもあるので、どんどん積極的に取り組んで欲しいです。スポーツ業界に進んでいる人をみると、講義、インターン、交流会のどれかでなく、すべてに積極的だった人ばかりなのかなとも感じます。

  • Q9MARS CAMPも16期を迎えました!メッセージをお願いします

    A916期おめでとうございます!MARS CAMPが無かったら今の自分は絶対にいません。それくらい自分にとっては、大切なコミュニティです。スポーツビジネスを学ぶ場でもありますが、なによりスポーツが好きな人が集まる場所でもあるので、これからも業界を盛り上げてください!!