何回も来場したくなるスタジアム・アリーナを、チームと一緒に作り上げていきたい

受講生インタビュー

  • 受講生
    藤井 真太郎
  • 所属
    ぴあ株式会社
    ライブ・エンタテイメント本部アリーナ・スタジアムソリューション推進局
    チケッティングソリューショングループ 第二ユニット
  • 受講時期
    第14期 2017 SS 第13期 2016 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1ぴあ株式会社でチケッティング業務に関わる仕事をしています。
    2016年に開幕したバスケットB.LEAGUEに所属する5クラブの営業を担当しています。
    営業としての主な仕事はクラブのチケット担当の方と一緒に、いかにして集客を伸ばせるか、またクラブの抱えている課題を解決するためのソリューション提案も求められます。
    集客を伸ばすために、具体的には、いまどのような人が会場に来ているのか、性別、居住地、年齢、来場回数などの情報を頼りに、CRMの観点からの提案も行っています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2もともとはサッカーのスポーツチームで仕事がしたいと漠然と考えていましたが、スポーツチームで活躍するための武器が自分にはありませんでした。
    そんな中、色々なスポーツチームやリーグ、協会との関わりを持っており、その中でもチケッティングという集客の根幹となる業務に深く携わっている、いまの会社とご縁があり、入社を決めました。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3いまの会社の中には、チームや協会に出向している人も多数おり、ここまで密接にコンテンツホルダーと関われる会社は少ないと思います。その中で、満員のスタジアムやアリーナにするためには、どうしたらいいのかを、様々な視点からチームと一緒に考えていけるのが、この仕事の醍醐味であり、やりがいだと思います。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4スポーツ業界への転職を漠然と考えていたのですが、正直どのような仕事の関わり方があるのか、また業界で活躍するために、どのような力が求められるかが、分かっていませんでした。MARS CAMPでは業界で活躍している人の、生の声が聞け、なおかつ現場での実践経験もできると聞き、参加を決めました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5⇒CAMPにきてできるようになったこと。
    様々な側面からのスポーツ業界への関わり方を、現場で活躍するゲストの生の声から学ぶことができました。自分がどのポジションで、活躍したいのかを整理することができ、その後どのような行動を起こせばいいのかが、クリアになりました。

    ⇒一番印象に残っている講義は?
    株式会社川崎フロンターレのチケット担当、吉田さんの“川崎フロンターレの仕掛けと集客術”の講義です。その中でも、マンガ宇宙兄弟とのコラボDAYの取組が特に印象に残っています。宇宙というテーマの中で、自治体をはじめ、研究所、出版社、企業、学校、ブランドメーカー、メディアなど様々なステークホルダーを巻き込みながら、魅力ある企画を打ち出す力が、現在の川崎フロンターレの集客に繋がっているんだと、印象に残りました。

    ⇒同期で刺激を受けた人は?
    CAMP生、全員です!が特に学生の人たちのバイタリティには刺激を受けました。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6日本各地で、満員のスタジアムやアリーナでスポーツに熱狂する文化を作りだしていきたいです。自分の企画や仕掛けで、何回も来場したくなるスタジアム・アリーナを、チームと一緒に作り上げていきたいです!

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7“スポーツチームの集客の仕組みと仕掛け”などでしょうか・・・語れるようになれるぐらい、まずは経験を積み、結果を出します!

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8まず、講義には出ましょう!そして、現場で実践してみましょう!笑
    私はどれも中途半端な参加になってしまったので、今振り返ってみると、「もっと講義に出ておけば良かった・・・」などと、若干後悔することになります。
    すべては行動したもの勝ちです!

  • Q9MARS CAMPも16期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9MARS CAMP16期開催おめでとうございます!
    スポーツ業界に飛び込んでみて、色んな人と繋がっていくと、MARSCAMPと関わりを持っている人と多く出会いました!MARS の影響力って凄いです!
    これからも、スポーツ業界をさらに盛り上げて行きましょう!