“SPORT × IT”の視点で、学校の部活動生からトップアスリートまで幅広くサポート

受講生インタビュー

  • 受講生
    山崎 翔太郎
  • 所属
    CLIMB Factory 株式会社
    システム部
  • 受講時期
    第13期 2016 FW 第12期 2016 SS 第11期 2015 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1弊社は主にスポーツに特化したシステムを提供しています。
    その中で私はCLIMB DBというスポーツ選手のコンディション管理システムの開発・運用業務をプロジェクトマネージャーという立場で行っています。

    既存システムをより良くするためにはどのような機能が求められ、どのような改修が必要なのか、またその実現のためにはどのくらいのコストや時間がかかるのか等を管理し、開発の指揮を執るお仕事をしています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか

    A2前職は大手IT企業(ご存じの方も多いでしょうが…笑)で医療システムの開発にシステムエンジニアとして携わっていました。

    ですが、もともとスポーツ(特に野球観戦)が好きだったこともあり『いずれはスポーツ選手を支える仕事に就きたいな』と言う漠然な考えを持っていました。

    そんな折にMARSさんよりCLIMB Factoryを紹介していただきました。CLIMB Factoryは今注目が集まっている”SPORT × IT”と言う視点から、学校の部活動生からトッププロのアスリートまで幅広くサポートしている会社だと知り、正に自分が『やりたいこと』と自分の経験から『できること』がマッチしている会社だと感じたので選びました。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A32020年も見据え、国を挙げてスポーツを盛り上げていこうというこのタイミングで、これから最も注目されるであろう”SPORT × IT”視点で、且つ選手に近い立場で業界に貢献できていることに大きなやりがいを感じています。

    また、自分が開発に携わったシステムを利用していただいている選手やチームが結果を残し、「コンディション管理システムのおかげです!」と言う声が届いた時は純粋に『やっててよかったな』と感じます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか

    A4俗に言う”とりあえずの社会人3年目”を迎えての9月。たまたまSNSでMARS CAMPの存在を知りました。

    スポーツに関わりたいけど関わるための入り口が分からなかった私にとって”スポーツビジネスにしたい人のための最速講座”の存在は青天の霹靂(笑)11期への参加を即決しました。

    転職自体は12期の頭くらいに決まったのですが、MARS CAMPの学びはスポーツ業界に入った後でも役立つことばかりだと感じているので、13期も現役で参加させてもらっています!

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5“スポーツビジネス”と一言で表しても、そこに携わる業界・業種は様々で、色んな角度からスポーツに貢献できるのだと言うこと知ったことです。

    正直私は最初”スポーツメディア”志望でした。
    というのも、スポーツ経験自体はほぼない自分にとってスポーツに関われる業界は”チーム・リーグ”もしくは”メディア”くらいしかないのかなと思っていたからです。視野が極端に狭かったんです。

    ところが、講義のゲストの方々はアスリートやチーム、メディアはもちろん、メーカー、スクール、イベント会社、自治体、スポンサー企業、そしてIT企業…。毎回『こんな形でスポーツに貢献できるのか!』と常に講義から学びを得ることができました。

    →CAMPにきてできるようになったこと。

    できるように…とは少し違うかもしれませんが、業界の方との人脈を築くことができ、その方々と同じ目線で会話できるようになったことは私にとって非常に大きいと感じました。

    これは転職してスポーツ業界に入ったからというわけではなく、転職前からMARSの講義を通してたくさんの業界人や自分と同じように業界を目指す学生、社会人の方々と接する機会をいただき、多くの刺激を受けました。転職活動のために作った100枚の名刺を半年足らずで配り終わったのが何よりの実感です(笑)

    →一番印象に残っている講義は?

    個人的には何と言っても11期一発目に受けさせていただいた、株式会社ディー・エヌ・エー 西谷義久様の講義ですね。
    MARSでもお馴染みですが、何を隠そう私自身大の横浜DeNAベイスターズの大ファンなもので(笑)

    講義初回からいきなり一生関わることはできないと思っていたベイスターズ関係者のお話を目の前で聞けて、直接お話もできたこともあり、純粋に『MARS CAMPスゲェ−!』ってなりました。

    →同期で刺激を受けた人は?

    転職前だった11期時の同期には特に刺激をうけました。
    学生社会人関わらず。『本気でスポーツ業界で活躍したい』という、良い意味の野心を皆さんから常々感じ、自分も負けられないなという気になれました。

    またMARS歴の長い学生さんは、まだ業界には縁のない私に”社会人の先輩”として且つ”CAMP生の後輩”として慕ってもらいながらたくさんのことを教えていただき今でも非常に感謝しています。

    そんな前置きをした上で、刺激を受けた同期として下記3名挙げさせていただきます!

    田中 佳太さん
    MARS CAMP説明会の時、最初にお話させていただいた方です。MARSのイロハを教えていただきました。元気で社会人やってますか(笑)?

    武田 直樹さん
    初インターンからお世話になりました。考え方がしっかりしていて年下とは思えなかったです。CAMP卒業後もたまに講義やイベントに顔を出されていて、近況報告しあっています。

    新井 翔太さん
    MARS CAMPのリーダーは彼で間違いないでしょう。CAMP生の時から信頼厚く実績もある憧れでした。卒業後はMARS内部からスポーツ業界への貢献に期待していますよ!

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6大きく2つあります。

    1. 国内スポーツのレベルアップに貢献したい。
    2. 国内スポーツ人口を増やしたい。

    この2つには根本にある考えがありまして、端的に言うと「日本のスポーツをもっと盛り上げたい」ってことです。

    そのために何が必要かって色々考えたのですが、これってまず単純に国内スポーツのレベルを上げることが一番の近道かなと思っています。2015年のラグビーW杯が良い例ですよね。

    だから自分が持つ力(今で言うとITの力かな)でレベルに貢献し、その実感を得たいですね。これは今やっている仕事にも通じます。

    もう一つのスポーツ人口を増やすってのは、「スポーツをプレーするってすごく楽しいし、スポーツができるって恵まれていることなんだよ!」ってことをもっと世間に伝えたいなぁって思っています。

    というのも、完全に個人的な話になりますが実は私持病のため、本気でスポーツができないんですよね。だから、是非とも多くの人にスポーツを体感して欲しいなって思っています。それに、人口増えれば自然とレベルも上がりますからね、一石二鳥です。VISIONとしては、そんなところですね。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7正直業界に入ってからまだ浅いので、偉そうなことしゃべれないと思うのですが…笑

    強いて言えば
    『”SPORT × IT”がこれからやるべきこと』とかですかね。

    まぁ、あと個人的に実体験をもとにして
    『実録!スポーツ業界への入り方〜MARS CAMP取扱説明書〜』
    とか…笑

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8そうそう、これを講義でしゃべりたい!笑

    とりあえず、MARSにいる限りはたくさん打席に立たせてもらえるけど、バット振らないと塁に出られないよってことですかね。

    パスは山ほどもらえるけど自分でドリブルしてゴール前でシュート打たないと点取れないよ…って、同じことですね(笑)

    まぁ何が言いたいか、これで分かるでしょ!

  • Q9MARS CAMPも14期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9私は11〜13期生と、MARSの歴史からしたらまだまだ若手ですが、ここは今の日本のスポーツ業界の礎を担っていると言っても過言ではないところまで来たのではないでしょうか。

    私自身、ここのおかげで人生を変えることができ非常に感謝しています。

    とはいえ、やっとスタート地点に立ったところなので、MARS CAMPで学んだことを活かし、CAMP卒業生(まだ現役だけど…)として名に恥じぬ活躍ができるよう精進してまいります!

    今後もスポーツ業界発展のため、よろしくお願いします。

    P.S.タイミングが来たら講義に講師として呼んでくださいね (笑)