スポーツの魅力を製品販促を通して伝えていきたい。

受講生インタビュー

  • 受講生
    山中 俊介
  • 所属
    株式会社フェニックス
    第一営業部(スキー、アウトドア)
  • 受講時期
    第9期 2014 FW 第8期 2014 SS
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1スポーツファッション、スポーツウェアの企画製造販売を行うPhenix社にて、量販店を担当し、売上の管理と売上促進活動を行っています

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2異業種からの転職だったので、将来のことを考え、とにかくスポーツ業界、スポーツメーカーに入ることを第一に考え、就職しました。

    その中でも今の会社は、自分が今まで携わってきたスポーツを全般的に扱っている。
    また、大規模な会社では無いからこそ、スポーツメーカーの業務内容などを勉強することができる環境であると感じたから。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3自分の目標とする就職先、仕事内容に近付けている事を日々、実感しながら仕事ができている。

    将来的にマーケティングを仕事にしたいと考えているが、今の会社はそこまで規模が大きく無いぶん、営業でありながら、マーケティングに近いことも携われる機会が多いのでやりがいを感じます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか

    A4業界内の仕事内容を学びたいため。
    現場で働いている人のリアルな声を聞き、自分の目指す方向性を確かめるため。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5自ら考え、行動に移せるようになったこと。

    講義毎に提示されるゲストからの課題・MISSIONに取り組む中で、業務の一端に触れることができ、自分の進みたい方向性を自分の体験から考える事ができた。

    一番印象に残っている講義はニューバランス社。マーケティング部長である鈴木さんによる「スポーツブランド・仕掛けのすべて」ですね。

    スポーツメーカーのマーケティングに携わりたいと考えていた時期に、実際のリアルな話を聞く事ができ、意思を固める事ができたから。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6アディダス、プーマ、ナイキなどのメガスポーツメーカーのようなPR、マーケティング業務を形にしたい。

    スポーツの魅力を製品販促を通して伝えていきたい。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7まだ話せること、目標とする場所にたどり着いてないので、マーケティングに携われるようになったら話したいです。
    あとは、異業種からの転職についてなど。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8ぶれない目標、転職してからのやりたい事を明確にすること。

    これがあることによって、スポーツの仕事に転職するだけで満足することなく、転職した先でも目的意識を明確に持って仕事することができるようになる。

    また、環境や周りの声に惑わされず、自分のなりたい理想像に向かう決意を持ち続ける事ができる。
    まだ何も成し得ていませんが…笑

  • Q9MARS CAMPも12期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9志を持った後輩に負けないよう、目標になれるように頑張ります!