信頼を勝ち取る為、『人』としての魅力を磨き、サッカーで日本を変える。

受講生インタビュー

  • 受講生
    白井 俊之
  • 所属
    スポーツマネジメント株式会社
    営業1部
  • 受講時期
    第5期 2012 FW 第4期 2012 SS 第3期 2011 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1小・中・高・大学同好会・大学体育会・社会人のカテゴリーでサッカーチームのサポートをしています!

    合宿や遠征の手配、サッカー用品の販売や大会合宿の企画から営業、運営などを主に行なっています。サッカーの普及、そしてチームの皆さんが気持ちよくサッカーに打ち込み、楽しめる環境を提供するために日々がんばっています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2就職活動はスポーツ関連企業と人材業界を特に見ていました。ありがたいことに第一志望群として考えていたスポーツ関連企業と人材業界の数社から内定をいただき、正直とても悩みました。ですが目指していたスポーツ(サッカー)に関わる仕事を新卒1年目からできるチャンスがあること、そして面接をしていただいた現在の先輩方の輝きに惹かれて今の会社に就職を決めました!

    私の就職活動のキーワードは『人』だったので、今の会社の先輩方の輝きを見て自分もこういう社会人になりたいと強く感じたことが大きい要因でした。どんな仕事をするにしても『人』としての魅力はとても大切だと思っていたので。

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3ただ営業をして終わりではなく、実際に大会の現場でお客様にお会いできることです。

    自分のお客様のチームがとても楽しんでいたり、本気でサッカーに打ち込んでいる姿を見るととても嬉しくなります。また関係値が深まりチームの方から頼ってもらえるようになるとさらにやりがいが増すと思います。

    頼られる信頼を得られるように今がんばっています!

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4とても恥ずかしいのですが、とあるサッカー漫画の中でJリーグのフロントが描かれているものがあり、こんな仕事ができたら絶対楽しいだろうなと思ったのがきっかけです。

    そこからスポーツ関係の情報収集をはじめ、MARS CAMPと出会いました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5→CAMPにきてできるようになったこと。
    内面でいうと『自ら求めて動く』ということ。
    仕事面でいうと特に営業です。

    テレアポ営業とプロスポーツクラブ・球団のチケット・スポンサー営業はとてもためになりました。

    →一番印象に残っている講義は?
    1番印象に残っているのは町田市のスポーツ振興課の方のお話です。

    →同期で刺激を受けた人は?
    多すぎてあげられないですね・・・。

    本当にたくさんの方から刺激をもらいました。
    学生時代にあそこまで自分自身と向き合って頑張れたのは同期のおかげだと思います。

  • Q6VISION-なし得たい事

    A6現状の目標は大学サッカーの環境をもっとよくすることです。
    そして大学サッカーの価値をもっと世に広め、社会的価値を高めたいですね。

    →個人としてなし得たいこと。
    語りだすと止まらないので簡潔にまとめるとスポーツ・サッカーで日本をよりよくすること、そしてスポーツを通じて人として成長する場を提供し、世界に誇ることができる日本人力を持った人材を輩出していくことです。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7『サッカー大会の裏側』でしょうか・・・。

    まだMARS CAMPで喋るまでのレベルに到達してないですね。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8いま考えると学生時代は本当に『自由な時間』がたくさんありました。それを意味のある『自由な時間』にするか、無意味な『自由な時間』にするかは まさしく自分次第だと思います。

    自ら求めてたくさんのことにぜひチャレンジしてほしいです!
    僕も負けないようにがんばります!