様々な立場の方との一体感。山口県内で唯一のプロスポーツクラブを盛り上げる。

受講生インタビュー

  • 受講生
    ワタナベ
  • 所属
    株式会社レノファ山口(Jリーグ・レノファ山口FC)
    経営管理部
  • 受講時期
    第11期 2015 FW 第10期 2015 SS
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1経営管理部という部門にて、経理、総務を中心に、チケッティング全般、システム管理、業務改善、お客様からのお問い合わせ対応など、幅広く担当しております。

    社員が少ない会社なので1人1人が担当する範囲が広く、様々業務に携わる機会が多いです。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2クラブのビジョンや中長期の計画が明確で、成長する力を感じたから。

    その中で、自分が培ってきた経験が活かせる立ち位置での募集がタイミングよくあり、MARS CAMPの特別イベント、Jリーグクラブ・レノファ山口フロントスタッフセレクションを経て、入社しました。

    求人と不動産物件は、出会いとタイミングだと痛感します。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3山口県内で唯一のプロスポーツクラブであり、総合型スポーツクラブがあり、大勢のサポーター、ボランティアスタッフ、自治体、民間企業など、様々な立場の人たちが一体となり、レノファ山口を盛り上げようという機運が強く、その中で自分の経験と能力を活かせると感じています。

    前職で得た経験は当然のことながら、MARS CAMPのセミナーで得た知識やインターンでの失敗や反省といった実践の場で得た経験がレノファ山口に入社後も活きる場面が多く、非常に刺激的な日々を過ごしています。

    「スポーツ業界」ではなく「サッカー」にこだわったことが思った以上に重要でした。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか

    A4スポーツ業界に従事する人物の生の声を聴く機会を増やすため。

    メディアが発した、つぎはぎだらけの「事実」からは「真実」は読み取れません。当事者へ直接聞くことが、言葉に重みがあり、最もよいと考えています。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5セミナーで得た知識を実践する場として数多くのインターンがあり、そこで得た経験と反省とを繰り返すサイクルがあること。

    そして、それらを共有し、刺激しあえる「仲間」がいること。

    年齢は私より若い人が多かったけれど、私よりもはるかに多くのインターンを経験している「先輩」から非常に多くの刺激を受けました。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6サッカーを中心としたスポーツを通じて、地域を盛り上げること。

    地方に住む人は、物事の価値観をテレビや新聞、インターネットなどのメディアに影響されやすいので、自分の目、耳、肌で感じ取った「リアル」から、小さなことでも感動できる心豊かな人を増やしたい。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7「地方から見たJリーグ」
    都市部に住んで、電車で気軽にJリーグの試合を見に行ける環境がいかに恵まれているか痛感します。

    「ただひたすら質問に答え続ける90分」
    聞きたいことがたくさんあるはずのCAMP生から質問が無くなる瞬間に立ち会ってみたい。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8セミナーで話を聞くだけ、インターンへ1度行っただけでは、活かせたとはいえない。

    時間の許す限り、何度も繰り返すことで成長する場が用意されているのが、MARS CAMPの最大の特徴。

    どんなに豊富な知識を持っていても、「勇気」「知恵」「行動力」が無ければ意味がないことを理解し、発見力、問題解決力、自らの力のなさ、人脈を築く力、大勢の中から自らを強くアピールする力、様々な「力」を見極め、いま自分に何ができて、今後何ができそうかを具体的なイメージを築いてほしい。

  • Q9MARS CAMPも12期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9MARS CAMPは、スポーツを接点として人と人とをつなげる社交場である。

    10期、11期と半年ずつ、1年間通して参加したからこそ、そう強く感じます。

    私はそこへ参加して、多くの「刺激を受ける」だけでなく、他のCAMP生へ「刺激を与える」存在になることも意識していました。高い意識を持つ人が大勢集まるMARS CAMPで、受け身になっているだけでは、支払った参加費用の半分も回収できないでしょう。

    刺激しあえる環境だからこそ、自身の成長を促すし、多くのチャンスを得られるはず。スポーツ業界へと飛び込んでいった卒業生に会う度に、そう感じます。

    12期から参加する人は、MARS CAMPがなぜ12期も続いているのか。

    スポーツ業界に入った卒業生が、なぜ数多くいるのか。

    その「なぜ」を探し続けてほしい。