「スタジアムを満員にする」というMissionに日々奮闘。

受講生インタビュー

  • 受講生
    大磯 泰裕
  • 所属
    ぴあ株式会社
    ファンマーケティング局
    ソリューション第一グループ 第二ユニット
  • 受講時期
    第6期 2013 SS 第5期 2012 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1ぴあ株式会社でチケッティングに携わる業務をしています。

    私はその中でも、野球球団・サッカークラブに対しての営業を担当しています。

  • Q2そもそも何でMARS CAMPにきたのですか?

    A2「スポーツ業界で仕事がしたい!」という漠然とした思いを学生時代からもっていました。

    ただ、いざ就職活動を始めようと考え始めた頃、「スポーツ業界ってどうやって就職すればいいんだ?」「そもそもどんな仕事があるんだっけ?」と何も知識・人脈を持っていませんでした。そこでスポーツ関連のインターンシップに参加して、知識・人脈を広げようと考え、「SUMMER CAMP」を知り、参加しました。そこで「もっとスポーツ業界のことを知りたい!」と思い、MARS CAMPに参加しました。

  • Q3MARS CAMPでの学びといえば?

    A3・学ぶ姿勢を身につけられた(能動的に動く)
    ・良くも悪くも、スポーツ業界の仕事のイメージと現実のギャップを埋めることができる
    ・同じ意思を持った仲間と切磋琢磨することができる

    一番印象に残っている講義は「琉球ゴールデンキングス」の木村社長の講義です。
    日本ではマイナースポーツであるバスケットボールを盛り上げる、木村氏のビジネスに感銘を受けました。

    ⇒同期で刺激を受けた人は?
    皆、僕よりもやる気も知識もあったので皆様です(笑)

  • Q4なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A4きっかけとしては、夏のMARS CAMP SUMMER PARTYで、ぴあで働く社員と出会ったのが、ぴあを知ったきっかけでした。

    それまではスポーツメーカーへの就職を考えていたのですが、スタジアムを満員にする為の仕事をスポーツクラブ・球団とパートナーとなり、スポーツの活性化に貢献できるチケッティングに興味を持ち、就職しました。

    現在も「スタジアムを満員にする」という目標を忘れずに、奮闘している最中です。

  • Q5業界の中で今の場所故のやりがい

    A5球団・サッカーチームとパートナーとなり、集客を考えることにやりがいを感じています。

    それぞれ球団・クラブごとに抱えている問題は異なり、そこに対してどのようにソリューションを提供していくか考え、実行できるのは、「ぴあ」ならではと考えています。

  • Q6VISION-なし得たい事

    A61枚でも多くのチケットをお客様に提供し、満員のスタジアムをつくることです。

  • Q7これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A7CAMPでは、いろいろな為になる講義を聴けることはもちろんですが、それ以上に多くのスポーツ関係者・生徒と交流が持てることが利点だと思います。

    私の場合は特に、CAMPでの交流が就職に繋がり、今があります。

    また、CAMPで繋がった生徒達と今でも交流を持てているのは大きな財産だと思います。
    自分で、これからどのようにスポーツと向きあっていくか、CAMPで学んでいってください!
    互いに切磋琢磨していきましょう!