「あの熱い空間を作れるのはクラブしかない!」と思ってからクラブ一本!

受講生インタビュー

  • 受講生
    長谷川 彩海
  • 所属
    株式会社横浜ビー・コルセアーズ
    企画運営部
  • 受講時期
    第19期 2019 FW 第18期 2019 SS 第17期 2018 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1(株)横浜ビー・コルセアーズの企画運営部に所属しており、チケット・ファンクラブ・イベント等の興行を行なっています。

    その他にもインターンや運営ボランティアの担当もしています。
    人に関わることが多い領域なのでやりがいも感じますし、自分らしい仕事だと思っています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2「スポーツをきっかけに地域貢献をしたい!」という思いや、「バスケットボールをもっと広めたい!」と思ったことが最初です。

    それを実現させることのできる職業は世の中にたくさんあると思いますが、MARS CAMPでの活動を通して“スポーツの可能性”や“観客・ファンの熱さ”を知ってから、「地域貢献やバスケットボールを広めるのは他でもできるが、あの熱い空間を作れるのはクラブしかない!」と思ってからは、自分の頑固さも相まってクラブ一本でした(笑)

    そこで、どうせやるなら自分の過ごしてきた神奈川のチームだな、と。

    MARS CAMPとは別に本格的にインターンを始めて、「このチームをもっと有名にしたい、満員の会場を作りたい、今関わっているファンをもっと大切にしたい、喜んでもらいたい」と思い始め、就職を決めました。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3ファンの方々に顔を覚えて話しかけてもらったり、勝った時に一緒にハイタッチや握手をしに来てくれたりと、実際に喜んでいるところを間近でみられるところが一番かなと思います。

    あとは、結果が目に見えやすく、良いことも悪いことも中心となって経験できるので、現場を動かしている感があり私は好きです。(笑)

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4「今のままでは自分のやりたいことは何一つできないのでは?」と思い、行動を始めたことがきっかけです。

    “スポーツ業界で働きたい!“と行ってはいたものの、業界について知らないことばかり…スポーツビジネスを学んでいるわけもなければ、人脈があるわけでもない。そんな状態でどうやって就職するんだ?と、インターンなどを調べ始め、見つけたのがMARS CAMPでした。

    もともと周りにスポーツ業界を目指す友人がおらず、初めて参加した時に同じような目標を持つ仲間に出会い、とても刺激を受けたことも大きな理由の一つです。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5①CAMPにきてできるようになったこと。

    単純に思考力が上がったなと思います。

    そのおかげで何事にも目的を持って取り組めるようになりましたし、臨機応変な対応ができるようにもなったと思います。

    簡単そうに聞こえますが、同じ作業でも考えてやるのと何も考えずにやるのでは得るものも変わってくると思うので、とても大切なことだと感じています。

    その習慣がついたおかげで気づけたことも多いですし、今の仕事でも役立っています。

    ②一番印象に残っている講義は?

    実はあまり講義には参加できていませんでしたが、その中でも元東京ヤクルトスワローズの片野さんの『「変革」と「不変」。 これからのスポーツチームの仕事(2)』、元千葉ジェッツふなばしの島田さん⦅現B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO)⦆の「スポーツチームの宣誓‐これからの事業展開」は自分が興味のあった領域でもありましたし、講義を受けたことでより自分の思い描いていたものがリアルに思い描けるようになりました。

    なんとなくの目標もこういった講義を通して明確になったと思います。


    ③同期で刺激を受けた人は?

    みんなそうだと思うのですが、やはり現場インターンの仲間です。

    一緒に問題を解決したり、良いことも悪いことも経験した仲間なので特に刺激を受けました。

    現場の行き帰りに運営の改善点や将来のことについて話していましたし、実際のみんなの頑張りを見て、自分も負けてられないな、とモチベーションにもなっていました。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6今の所は2つです。

    1つ目は満員の会場を、『当たり前』にすること。

    まだまだビーコルセアーズの集客は満員の会場は数少なく、全体の総集客も多くも少なくもない、、、という状況です。

    しかし、1度見てしまったあの満員の会場の熱気、雰囲気は忘れられない光景であり、それはチームにとってもファンの方々にとっても同じことだと思っています。

    なので、この状況を常に作っていきたい、もっともっとたくさんの人にこの感覚を味わってほしい!と思います。

    2つ目はビーコルが横浜の人々にとってもっと身近で、日常の一部になるようにしていきたいと思っています。

    学校や会社での会話でも、今は野球やサッカーの話がほとんどかと思いますが、それに取って代わってビーコルの話題が出るようになってほしいですし、もっとみんなが『横浜にはビーコルがあるんだぞ!』と誇れるクラブになりたいと思います。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7まだまだお話しできるようになるには時間が必要ですが、自分のやっていきたいこと(地域貢献やバスケの普及)を絡めたお話ができたらいいですね。

    今お話しできることとすれば就職に至るまでの話くらいです(笑)

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8MARS CAMPに入っているだけでは何も変わらなくて、そこにあるチャンスを掴みに行けるかどうかだと思います。

    現場も講義も交流会も、使える場ときっかけはいくらでもあるので、受け身にならず積極的に挑戦していってほしいです。

    積極的な姿勢に対してはそれなりの結果や周りの反応も帰ってきますし、失敗してもフォローしてくれる優しい優しい社員の方々がいらっしゃるので心配ないと思います!(笑)

    私も最初は何もないところからのスタートでしたが、今こうしてスポーツ業界で働くことができています。

    現時点で何も知らない、何もできないからといって諦める必要はないと思います。今ここから何ができるか、どうしていくかだと思うので、即行動してみてください。

  • Q9MARS CAMPもおかげさまで10 周年!メッセージをお願いします

    A910周年おめでとうございます!

    4年間の大学生活の中でMARS CAMPに関わっていた時間が一番濃く、充実した時間を過ごせていました。そんな場所に出会えたこと、とても嬉しく思います。

    偶然にもうちのクラブも今年10周年を迎えます。
    皆さんに負けないよう、私も頑張ります!

    事務局の皆さんへ…

    ご無沙汰しております。
    入社から早数ヶ月、あっという間にシーズンも開幕間近となり日々が一瞬で通り過ぎています(笑)

    コロナでなかなか出歩けない状況ではありますが、落ち着いたらまた会いにいきたいなぁなんて思っています。

    その時に少しでも成長した姿を見せられるよう、忙しさに負けず、私らしさを忘れず、これからも頑張ります。

    今後ともよろしくお願いいたします!!!!!