スポーツ・バスケットを通じて大勢に感動を与えたい。

受講生インタビュー

  • 受講生
    漆原 海
  • 所属
    東京プロバスケットボールクラブ株式会社
    (東京サンレーヴス)
    営業部
  • 受講時期
    第7期 2013 FW 第6期 2013 SS 第5期 2012 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1新卒入社し、地域営業、広報、MDなど幅広い仕事に従事。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2小さい頃からスポーツ業界で働きたく、スポーツを通じて大勢に感動を与えたかったため。

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3新しいチームであり、チーム作りを1から行う事ができること。

    野球やサッカーに比べ、バスケットボールを観戦する習慣がないゆえに、
    お客様が試合観戦を楽しんでいる姿を見るとやりがいを感じます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4スポーツ業界で働きたいと思っていたが、どのような仕事内容があるかわからなかったため。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5MARS CAMPに入る前は漠然とスポーツ業界で働きたいという思いだけでした。

    しかし、MARS CAMPに入りスポーツ業界で働く方の講義や現場でのインターンを通じ、数あるスポーツ業界の仕事の中でも特に、「プロスポーツチームに就職してスポーツの楽しさを大勢の方に提供したい」という具体的なやりたいことに気付くことができました。

    一番印象に残っている講義は川崎フロンターレ 吉田さん
    陸上トラックにレーシングカーを走らせるなどの面白い企画がどのようにして実現し、
    集客に繋げているかを知れたため

    →刺激を受けた人
    参加者全員
    意識が高い人が多く、積極的に行動する人が多いため、常に刺激を受けていた。

  • Q6VISION - なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6プロバスケットボールを野球、サッカー並みの人気に。ホームゲームを有明、代々木で開催しても満席に!

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7『マイナースポーツチームのリアル』

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ?

    A8講義を聞くだけでなく、スポンサー営業、ホームゲーム運営などに積極的に参加して改善点などをMARSの社員やチームの人達にぶつけるべき!