自分で企画した商品がカタチになった時が一番うれしいです。

受講生インタビュー

  • 受講生
    飯田 健太
  • 所属
    株式会社インターナショナルスポーツマーケティング
    (iSM)
    SML事業部
  • 受講時期
    第5期 2012 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1スポーツに関する記念品や大切な思い出をカタチにしてお届けする通信販売サイトである自社eコマース「Sports Memorial Lab.」の商品企画・販売促進・営業活動を行っております。

    具体的には、プロ野球をはじめとするプロスポーツチームのライセンス商品を自社オリジナルブランドとして開発し販売を行っております。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2社名からも連想できますが、「スポーツの仕事ならまずはチャレンジしてみる」という姿勢が会社全体としてあるからです。

    ちなみに弊社は社内に10台近くTVが設置してあり、夕方になると色々なスポーツが放映され始めるので、スポーツ好きにはたまらない環境ですね(笑)

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3自分で企画した商品がカタチになった時が一番うれしいです。

    そして、その次のステップとして、売るための施策を考えているときが個人的に一番楽しい時間です。
    MDはその施策が良かった・悪かったが比較的早く結果として分かるので、施策が成功したときは非常にやりがいを感じます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4スポーツ業界の就職は狭き門ですし、スポーツに特化した就職プラットフォームはとても少なく、どうすればスポーツの仕事に就くことができるのかが全く分からなかったので、一度話しを聞いてみようと思ったのがきっかけです。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5スポーツ業界で活躍されている方々の話を講義で聞くことができるので、就職するための手段を学べました。

    また、インターンシップを利用してスポーツ現場の企画から運営までを身体で経験し、講義を聞いて頭で理解する。
    この繰り返しで自分の求める職種が判別できるようになりました。まずなにから始めればよいかを自分で気づけたことが、一番大きなステップでした。

    一番印象に残っている講義はbjリーグ江島さんの講義です。
    野球やサッカーに比べ、バスケットボール業界は非常に資金面に苦しんでいることはなんとなく分かっておりましたが、そのための改善策であるリアルな中身を聞いて非常に共感し、さらに興味も増しました。

    →同期で刺激を受けた人は?
    岩下雄太さん(現:㈱フロムワン・BASEBALL KING編集)

    非常に前向きで人一倍努力する彼から学ぶ事が多くありました。
    スポンジのような吸収力と、怖いもの知らずでもあるそのメンタルがうらやましいです。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6スポーツには色々な携わり方があると思いますが、いつか自分の企画で満員のスタジアムをつくりたいです。

    大切な休日に一人でも多くお客さんがスポーツに触れる機会を増やしたいと思っております。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7元フリーターが話す、スポーツ業界に就職するためのちょっといい話・・・(笑)
    これは任せて下さい!

    あとはスポーツ×MDとかでしょうか。
    スポーツ団体と連動して手掛けるMD事業のお話とかができるように励みたいと思います!

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8「スポーツが好き」というのは大前提ですが、それだけでは就職できない。ということを非常に痛感しました。

    個人的な意見ですが、学生のうちからスポーツをビジネスとして考えられる人は割と早めに就職できると思います。そのためには、一人でも多くの人からスポーツビジネスの話を聞くことが重要です。

    自身もMARS CAMPでの最初の方の講義は「この人はなにを言ってるんだろう…」というシーンが多かったですが、色々な人の話(講義や交流会など)を聞き、徐々に自分の中で話がつながり、理解が深まりました。
    当たり前のことですが、「分からない」はその場で解消することが業界への近道だと思います。
    そのための手段として、CAMPを使い倒すことをお勧めします。

  • Q9MARS CAMPも5周年を迎えました!メッセージをお願いします

    A9おめでとうございます!!!!!!!

    チャンスはそう来ないので、CAMP生同士もライバルだと思いますが、自分が活躍できるフィールドを早く見つけて、業界への道を掴んで下さい!

    いつかこれを読んでいただいた方と名刺交換ができる日を楽しみにしてます!