仕事を通じて様々な経験ができるのが広報の魅力。

受講生インタビュー

  • 受講生
    岩上 享美
  • 所属
    株式会社栃木サッカークラブ(Jリーグ:栃木SC)
    広報
  • 受講時期
    第4期 2012 SS 第3期 2011 FW
  • Q1どんなお仕事を?

    A1今は栃木サッカークラブ(Jリーグ:栃木SC)で広報を担当しています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2もともとサッカーが好きで、特にサッカーチームの広報にあこがれを持っていました。
    たまたま今の会社の募集が出ていたときに応募し、ご縁があり入社に至りました。

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3広報のなかでも特に現場付きとよばれる広報なので、社内だけではなく練習場やメディア対応などでいろいろな場所へ行きます。

    そこで多くの方たちと話をする機会が多いので、いろんな人達とかかわることができます。

    今は、チームの写真を撮ったり、文章を書いたり、ライター的な仕事も担っているので、とにかく様々な経験ができるのが広報の魅力かなと思います。大変なこともありますが好きな事を仕事にできているので、何が起こってもがんばろう!という気持ちで仕事に向かうことができます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4サッカーチームで働きたい!という思いがあり、大学3年生の時に情報を調べている時にサマーインターンに参加し、そこからという感じです。

    今思うと、その時にMARSさんをみつけていなかったら今頃の自分はいないなぁなんて思います。そういった機会をつくってくださったMARSさんには、本当に感謝です!

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5とにかく現場に出て、自分の目でいろいろ知りたいと思いインターンに参加していました。

    当時は、(現場に行く)女性が数人しかおらず男性に混ざって様々な業務を経験させて頂いていました。

    象に残っている講義はSONYブランドマーケティング部の秦さん(現:レピュコムジャパン社 代表取締役)の講義です。
    業界を目指す自分たちに向けた 「今あるものを最大限に使い果たせ」みたいな名言が心に残っています。その言葉で今まで遠慮がちだったけれど、周りの与えてくれる機会を最大限に使おうと思わせてくれました!!

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6今は…もう少し経った時に、改めて書きたいです(笑)

    と、言いたいところですが、より多くの人たちにチームの魅力を知ってもらい、栃木県全体をサッカーの力で盛り上げていきたいです!!

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7まだあの席で話をするには早すぎます…。

    仲島さん(MARS CAMP NAVIGATOR)、もしその時が来たらご相談させてください!(笑)

    と言いたいところなのですが、現時点では『Jクラブにおける広報業務のリアル』でしょうか。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8実は、講義にはあまり出席できず、MARS CAMPを通じてプロスポーツチームの現場にインターンとして行く事の方が多かったと思います。

    今思うと、「もっと講義で色々な事を学んでおければなあ…」なんて思うこともあります。

    いまスポーツの現場に入ってみて、例えばメディアの方と仕事をしたり、スポンサーの方と話をする機会があります。その時に、マースさんの行っている講義に出ていたら、そこで学んだ知識を活かせたのかなと思う事もあります。それから、その時は関係ないと思っていても、スポーツの仕事をしているとどこかで繋がったりするので、人脈を作るという意味でもどんどん講義に出て講師の方やキャンプ生と切磋琢磨して行って欲しいなと思います!

    行けるときは何でもガツガツ行く!
    そして、人との出会いを大切にしてほしいなと思います。