『人と企業の結びつき』トレーナーとしてのやりがい。

受講生インタビュー

  • 受講生
    森 実利
  • 所属
    一般社団法人ALPHA
  • 受講時期
    第1期 2010 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1現在はアスリートや経営者のパーソナルトレーナーを基盤にナイキアドバイザー兼グローバルトレーナーとしてイベントなどに参加しています。またトレーナー派遣やポータブルサイト運営、フィットネスクラブプロモーションやマネジメントなどです。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2もともと1人で行っていてCAMPの縁で会社を作りました。その後必要に応じて現在複数の会社役員を行い仕事ごとに分担して活動しています。 1つの会社で行うより複数の会社で各得意分野で仕事を流しながら行う方が効率良かったからです。上手く共存協力出来ていると思います。

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3主な活動はトレーナーですのでアスリート、経営者のパフォーマンス向上のために活動していますが、トップアスリートにはメーカーなどが付随していますし、顧客同士アスリートに経営者を紹介してサポートなどを行って頂くケースもあります。そうゆう結びつきが出来たときにやりがいを感じますし。後はスポーツイベントなど参加させて頂き成功するといつもと違う刺激を味わえ、やりがいを感じます。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4自己流でスポーツ業界に関わっていましたがロジカルかつシステム的に学びたいと思い、また学校などより実践的だと感じて参加しました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5→CAMPにきてできるようになったこと。
    色々な側面からスポーツ業界を見れるようになったことと、毎回講義で企画を作成して提出していたので実際の現場で役立ちました。

    →一番印象に残っている講義は?
    アスリートとお金の回です。(第1回のスキーボードクロスの大西選手、フリーダイビングの平井選手、セパタクローの山田選手が登場)

    →同期で刺激を受けた人は?
    森崎秀昭さん(現:弁護士・スポーツ団体 監事)

  • Q6VISION-なし得たい事

    A6引き続きアスリート支援と各競技団体や協会、日本のスポーツシステムの改善。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7トレーナーの仕事、派生する仕事。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8新しい人と出会う(人脈)講義で学ぶことが出来る場所はとても有意義です。
    実社会で役立つことが満載なので積極的に活用してみて下さい!