前例のないものを0から創り出すということは、今の会社、今の立場だからこそ出来る。

受講生インタビュー

  • 受講生
    松本 庄平
  • 所属
    株式会社MPandC
    セールスマネージャー
  • 受講時期
    第8期 2014 SS 第7期 2013 FW 第3期 2011 FW 第2期 2011 SS
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1スポーツの総合マネジメント企業として、様々な企業・団体・自治体等から依頼を受けて、スポーツを中心としたイベント企画・製作、大会事務局、キャンペーン事務局、販促企画、営業代行活動等を担当しております。また、自社のコーポレートサイト、および自社運営施設等のWEBサイト運用、広報PR活動も担当しております。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか

    A2前職は株式会社MPandCの親会社でもある株式会社メディアフラッグで主に覆面調査、顧客満足度調査、出口調査などリサーチ系の仕事に携わっておりました。
    株式会社メディアフラッグの事業として、スポーツメーカーから依頼を受けて、ショップ運営やイベント運営、営業代行等を行う部署もあったので、ゆくゆくはその部署でスポーツに携わりたいと思い、株式会社メディアフラッグに入社を決めました。

    しかし、入社してから数年後、グループ内の子会社として株式会社MPandCを立ち上げることになり、メンバー募集の際に立候補し、現在の仕事に携わることになりました。スポーツ業界の中でもごくまれなパターンだと思います。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3株式会社MPandCの社名は「Marketing」、「Planning」、「Coordinating」の頭文字を表しております。

    マーケター、プランナー、コーディネイターとして仕事をするのはもちろんですが、イベンター、プロモーターなど様々な領域の仕事に携わることもあります。創業期の会社であるため、社員の人数が少ないという理由もありますが、多種多様な仕事にチャレンジできる環境と実績として1つ1つ積み上げ、形にしていくことがやりがいです。

    1つ例を挙げるとすれば、昨年末に実施したフリーキック選手権が良い例です。元サッカー日本代表の三浦淳寛氏、元国際審判員の西村雄一氏にアンバサダーになっていただき、港区でフリーキックに特化したサッカー大会の企画から運営まで行いました。大会ルールの作成や参加チームの集客、ご協賛企業の獲得、大会パンフレットの作成、当日の大会運営など。前例のないものを0から創り出すということは、今の会社、今の立場だからこそ出来るのではないかと思います。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか

    A4スポーツに特化した就職プラットフォームが少なく、どうすればスポーツの仕事に就くことができるのかと模索していた時にMARS CAMPと出会いました。

    実際に参加してみて、スポーツ業界といってもチーム経営やメーカー、メディア、施設運営、選手マネジメントなど、、、スポーツ業界の中でも様々な関わり方があるということを学ぶことが出来ました。また、スポーツ業界の最前線でご活躍されている講師の方の講義を受けて、自分自身がスポーツとどのように関わりを持ちながら仕事にしていきたいのかと考えるきっかけになりました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5スポーツ業界の最前線で活躍されている方々の話を講義で聞くことができるので、「スポーツ業界で働くこととは?」、「スポーツ業界で活躍するためには?」など、スポーツ業界で活躍するための基礎を学ぶことができました。まず何から始めればよいかを自分で気づけたことが、一番大きな収穫でした。

    →CAMPにきてできるようになったこと。
    MARS CAMPで出来るようになったことは、「行動力・実行力」。どんな仕事でも同じですが、どんなに良い企画を考えてもそれを行動に移す、実行出来るかが大きなポイントだと思います。当時のMARS CAMPや現場のインターンなどでベースとなるものを作れたのではないかと思います。

    →一番印象に残っている講義は?
    ・岩橋さん(ユナイテッド・ワン)
    小泉首相の時代に行われた、郵政民営化を柱とする「官から民へ」の構想。その一つとして、経費削減とサービス向上を目的として、平等かつ公平さを追求して設定されたのが指定管理者制度ですが、自主事業による収益拡大と経費削減を徹底させ、税金のムダを無くす事に成功させた事例や、指定管理と総合型地域スポーツクラブとの連携のお話など、当時学生だった私は大きな影響を受けました。

    →同期で刺激を受けた人は?
    ・人材関連会社S田氏
    ・広告代理店N島氏
    ・PR会社T林氏
    ・スポーツマネジメント会社S谷氏
    ・スポーツ局I来氏
    ・NスタジアムS氏
    ・JFLチームI田氏

    ↑MARS CAMP創業期にいつも来ていてガツガツしていたメンバー

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6・アスリートのファーストキャリア、セカンドキャリアに加え、スポーツ業界で働く人々の環境を整備
    ・ライフスタイルの中にもっとスポーツを普及させる

    今の会社に入り、スポーツ業界で働いている方とお会いする機会が増えてきましたが、スポーツ業界の労働環境は、他の業界と比較すると決して良い環境とは言えないのが現状です(人材面、給与面など)。現時点でこれというアイディアはありませんが、スポーツ業界を軸に好循環になるような仕組みを作っていきたいと思っています。

    また、学生時代は多くの人達が競技スポーツを行っていたはずですが、社会人になり、大半の人達がスポーツから離れていく光景を見かけます。子ども達に関しても、以前に比べると遊べる環境が少なくなっており、スポーツに関わる機会が確実に減ってきています。なので、子どもから大人まで普段のライフスタイルの中で身近にスポーツと触れ合える機会・環境を創出して、解決していきたいと思っています。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7「スポーツ業界での多種多様な関わり方」でしょうか。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8MARS CAMPは最大限活かすかどうかは自分次第。
    MARS CAMPに来ることやスポーツ業界に就職することを目的にするのではなく、「スポーツ業界で自分が活躍するためには?」という思考に変えることで行動と結果は変わってくると思います。

  • Q9MARS CAMPも14期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9MARS CAMPもはやくも14期ですね!
    これからもMARS CAMPを通じてスポーツ業界を盛り上げていくメンバーが増えていくことを期待しています!講義や交流会にたまに出没しますので、見かけた際は気軽に声をかけてください!