体育協会は、様々な方を繋ぐ役割を担える仕事。

受講生インタビュー

  • 受講生
    嶋 祥平
  • 所属
    公益財団法人横浜市体育協会
    新横浜公園管理局(日産スタジアム)
    事業部・事業課
  • 受講時期
    第3期 2011 FW 第2期 2011 SS
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1公益財団法人横浜市体育協会 新横浜公園管理局(日産スタジアム) 事業部・事業課の仕事。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2キャンプ生同期からの求人紹介。 調べてみると、多岐にわたる配属先や事業を行っていたこと。
    自分の将来の方向性を考えると、学べることは多いと感じた。

  • Q3業界の中で今の場所故のやりがい

    A3・公益法人だからこそ、スポーツをフラットな視点で提供や見ることができること。
    ・体育協会が市民、行政、企業、スポーツ競技団体、教育現場などの方々を繋ぐ役割を担っていること。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4サッカークラブのフロントにはいるため。目的は地域活性化、スポーツの普及。
    地元で満員のスタジアムをみてみたいという私欲。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5・人の繋がりの大切さ。

    →CAMPにきてできるようになったこと。
    ・自分の目標や夢を具体的に堂々と言えるようになった。(言っても馬鹿にされない環境や、言っていかなければ前に進めない環境があったから)

    →一番印象に残っている講義は?
    ・コカコーラ!

    →同期で刺激を受けた人は?
    菅田(現:人材関連企業)、館林(現:ユース・プランニング・センター)、増田くん(現:ルーツ・スポーツ・ジャパン)、太郎さん(現:サッカー関連ゲーム会社)

  • Q6VISION-なし得たい事

    A6スポーツを通して地域貢献・社会問題の解決!その活動がスポーツの普及や地位向上に繋がればと考えている! スポーツコーディネーター?のようなことをしていきたい。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7体育協会としての活動3割、配属先である日産スタジアムの話7割。なので体育協会の役割を理解してもらった上での施設のはなし。

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8繋がりをつくるために活用するのが1番。キャンプ卒業生、キャンプ生、講師、MARS社員みなさんを使い倒す!(失礼がなければなんでもよし!笑)