作成したユニフォームを、多くのサポーターが着用している姿を見た時は感動しました。

受講生インタビュー

  • 受講生
    櫻井 陽
  • 所属
    株式会社エスエスケイ
    ヒュンメル事業部
  • 受講時期
    第4期 2012 SS
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1西日本hummel販売MD、プロ販促。

    販売MDとして、売上達成に向けて、営業マンへのhummel商品の販売促進や、自ら営業活動、小売店様へラウンドをしたり、J1からJ3までの選手、チームへの商品サプライ、ユニフォームの企画等をしております。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか

    A2スポーツメーカー、スポーツブランドで働きたいと考えていたため。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3学生時代はスポーツショップでバイトしていましたが、今はメーカーとして、違った立場でどのようにすれば商品が売れるか、また、売れそうな商品企画を開発サイドに提案する事もできます。

    プロ販促で一番のやりがいは、チームの方、デザイナー、開発部と私の皆さんで協働してできたユニフォームを、多くのサポーターが着用している姿を見れた時…感動でした。

    職場としては、入社2年目で様々な事に、チャレンジさせてもらえる環境に感謝です。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか

    A4学生時代より、スポーツメーカーで働きたいという思いはあり、なんとかその夢に一歩でも近づけるよう、参加したのがMARS CAMPでした。

    学生当時は大阪から夜行バスで通いました…(笑)

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば

    A5行動力ですね。
    あとは企画塾(※現:ジカダンパン)でのアウトプットの場。

    意識の高い他のCAMP生に埋もれないように。
    また大阪からきて、何か爪痕を残そうとおもって…やってました。

    一番印象に残っている講義は、NEW BALANCE 鈴木様のスポーツブランドのマーケティング。

    スポーツブランドの戦略は、当時ショップで働いていた私にとって大規模なマーケティングであったため、鈴木さんのマラソンイベントでの仕掛けが印象的です。

    あとは、自分の場合には同期というよりは、ナビゲーターを務めるMARSの仲島さんに影響を受けました。

    仲島さんのアドバイスのお陰で、メーカーで働く思いが一層強くなり、行動に移せました。メーカーで働きたい思いはあったが具体的に何をしてよいか分からなかった。仲島さんと初めて出会った時に、ショップでバイトした方が良いとコメント頂き、バイトをはじめ、メーカーの方と話す機会もでき、メーカーへの就職に近づいたと思います。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6世の中の印象に残る商品企画、またはプロモーション。
    今はまず与えられた業務を全うできるよう、努めております。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7人前で話せるよう頑張ります(笑)!

    そうなったら…
    「スポーツブランドのブランディング戦略」

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8色々な方のお話を聞き、人脈を作って下さい!

    スポーツ業界は人脈で仕事がつながる事が多い。
    またひとつの考えにこだわりすぎないことが大事です。

  • Q9MARS CAMPも12期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9迷っていればぜひMARS CAMPへ参加してみて下さい!

    学生時代、私も参加するか迷っていましたが、参加してみて良い経験がたくさんありました!

    ちなみに私の会社はMARS CAMP生が3人います…(笑)