2020年の秘密兵器を目指すブランド

受講生インタビュー

  • 受講生
    佐藤 祐亮
  • 所属
    ビルマテル株式会社
    知財コンサルティング事業部 営業/プロモーション
  • 受講時期
    第10期 2015 SS 第9期 2014 FW
  • Q1何期生ですか?

    A1第9期-第10期生

  • Q2今はどんなお仕事を?

    A2Airpeakというスポーツキャップブランドで営業・マーケティング・コンテンツ(HP、写真、動画など)制作をメインに行っております。

  • Q3なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A3スタートアップだからです。
    事業の立ち上がり~市場開拓~成長フェーズを迎える企業に関わることは、貴重な経験ですし自身の成長に繋がると考え転職を決意しました。
    また、長い間大きな変化を遂げていなかった“帽子”に着目し、イノベーションを起こそうと取り組むブランドのコンセプトに共感し、可能性を感じたのも決め手です。

  • Q4業界の中で今の場所故のやりがい

    A4暑さ対策のギアとして徐々に評価をいただいている点にやりがいと、ブランドの意義を感じております。

    アスリートが炎天下でパフォーマンスを発揮するには暑さ対策が全てと言っても過言ではないもの。2020年東京オリンピックの秘密兵器を目指しております。

  • Q5そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A5スポーツを仕事にしたいなぁ~と考えはじめたときに、「スポーツ 転職」で検索したのが、始まりです!

    スポーツを仕事にしたい人へと書いてあったのとキャンプの金額もお手頃でしたので即、電話して参加させてもらいました!

  • Q6MARS CAMPでの学びといえば?

    A6講義+インターンでスポーツ業界がグッと身近になるのが表向きの学びだと思いますが、人との繋がりが1番の魅力だと感じております。

    チームでもメーカーでもメディアでもやりたい事を言いつづけていたら、誰かしら業界人に繋がるしめちゃくちゃチャンスが増える環境です!

    ①CAMPにきてできるようになったこと。
    スポーツ業界への転職。(実際にできました!)
    細かい点だと、漠然としていたスポーツ業界がビジネスとして捉えることができるようになった。様々な業種の方の講義を聞く事で、スポーツを盛り上げる方法を様々な角度から考えられるようになった。

    ②一番印象に残っている講義は?
    DeNAのRunning Clubのお話。
    チームは常に強化を行っていかなければならないが、勝ち負けはどうしても水物。チームが良い時も悪い時も応援してもらえるチーム作りの大切さを学びました。

    Airpeakに携わる前に「東京羽田ヴィッキーズ」という女子のバスケチームでも2年間働いており、よりチームで働きたいと感じた講義でもありました。

    ③同期で刺激を受けた人は?
    同期で刺激を受けたのは7~10期生の学生、新井翔太君。

    彼のすごいと思ったところは、講義や交流会、インターンの参加率が高いところはもちろんのこと、その取り組む姿勢です!細かいところですが、
    ・講義は1番前の席!
    ・交流会ではスタートからゲスト講師の隣りポジション!
    ・インターンではリーダー!
    細かいことの積み重ねが、大事で、大きなことに繋がるんだなと今になって感じます。 自分も負けずにがんばりますー!

  • Q7VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A7スポーツキャップ1点においては業界No,1

  • Q8MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A8ブランド立ち上げ1年目のリアル
    ブランド立ち上げ2年目のリアル

  • Q9これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A9これ!という選択肢がまだ見つかってない人は、興味がない講義もまずは受けてみる!
    やりたい事が既にある方は、会う人会う人(特に講師の方)にその事を伝えると良いかと思います。誰かがキーパーソンに繋いでくれるかもしれないし、自ら切り開ける事もあるはずです!

    スポーツを仕事にしたい人にとって、MARS CAMPに参加するということがまず第1歩だと思いますが、入ってから主体性をもってCAMP生や講師の方、MARSの社員さん達とどの位関わり合えるかが大事だと思います。殻を破って、自ら動いて交流した方がいいと思います。それをやっていれば自然と出会いとチャンスが巡ってくる場所ですからね。

    色んな人の考えとか、やりたいことを聞くと、「自分だったらこういうことやりたい!」ということが見えてくると思うので、かなり良い出会いが間違いなくあると思いますよ。

    世の中は便利になっていきますが、スポーツ自体がなくなることはないので、一緒にスポーツを活用して社会に貢献していきましょう!

  • Q10MARS CAMPも17期を迎えました!メッセージをお願いします

    A10時の流れはあっという間ですね!
    卒業生集めて座談会したいです(笑)

    ゆくゆくは「MARS CAMP生で講義の講師を埋め尽くす!」という野望を実現するために僕も頑張りますので、一生続けて下さい。

    …え?一生ですか?早く活躍できるように頑張りますので、2年後に来ますとかじゃなくて(笑)【インタビュアー】

    もちろんそれもありますけど(笑)

    ん~・・・でも個人的にはMARS CAMPがあって、今の仕事に就けたりとか、やりたいことをやれている現状があるので、MARS CAMPが長く続くことが、やりたいことを実現できる人が増えるという事だと思うので、可能な限り長く続けてほしいです!