「新卒では絶対に無理」そんな常識を覆した女性の動き方

受講生インタビュー

  • 受講生
    勝見 優華
  • 所属
    横浜マリノス株式会社 
    商品事業部 トリコロールワン スタジアムショップ
  • 受講時期
    第10期 2015 SS 第9期 2014 FW
  • Q1今はどんなお仕事を?

    A1マリノスオフィシャルショップに勤務をしています。
    主に接客、商品在庫管理を行い、試合日はショップ運営や物販を担当することもあります。通常の勤務時は、店内のレイアウト変更やPOP作成、キャンペーンやイベント企画・運営、ブログアップ等を行っています。

  • Q2なぜ、今の会社を選んだのですか?

    A2私自身が横浜出身であり、幼い頃からスタジアムへ足を運び試合を観ていたサポーターの一人でした。そんな中で、あのスタジアムでしか味わうことのできない臨場感や感動を、私も運営側として多くの人へ提供していきたいと思ったからです。
    なので、就職するなら横浜マリノスしか考えていませんでした。それぐらい私自身にとってはとても影響力のある、かつ大切なクラブチームだったのだと実感しています。
    今はその運営を通じて、マリノスサポーター増加、また感動という空間を作り上げると同時に、スポーツに興味を持ってくれる人を増やしたいと思いながら業務に携わっています。

  • Q3業界の中で今の場所ゆえのやりがい

    A3Jリーグ開幕以来、オリジナル10として常にトップを走り続けているクラブだからこそ新しくチャレンジできることも多くあり、日々学ぶことも数多くあります。また、来場されるお客様の一喜一憂される姿を見られることが何よりものやりがいです。
    毎試合楽しみにしてくれているお客様やご家族との会話を交わすことで”いつもありがとう””会いに来たよ”と言ってもらえることはとてもやりがいを感じられる瞬間です。どの業種にもあるとは思いますが、自分にとって付加価値がとても大きい仕事だと思っています。

  • Q4そもそも何でMARS CAMPに来たのですか?

    A4高校時代から、将来はスポーツに携わる仕事がしたいという思いがありました。
    そこからスポーツ業界と検索していると”即戦力”というワードを何度も目にしたので、まずは実際の業務を経験しようという思いからCAMPへ参加しました。

  • Q5MARS CAMPでの学びといえば?

    A5一番は、色んな現場で実際の業務を数多く経験できることだと思います。
    私はJ2クラブの物販、プロ野球チームのファンクラブ受付を主に実践の場として選んで参加していました。その際も運営前後含め、自分たちで意見を言い合える現場だったので、どのようにしたら次回よくなるか等を常に考え発言できる場でした。その経験は、今の自分の仕事に大きく生かされていると感じている部分です。
    また、そういう現場に参加することで自分の人脈を広げることもできます。

    →MARS CAMPで一番影響を受けた人は?

    影響を受けた人は、同期というよりCAMPに参加しているみんなに刺激を受けました。こんなにも真剣に業務について考え、周りを気にかけ、何より楽しそうに元気に担当業務をおこなっている姿には初めは驚きました。年下の方も多くいましたが、その姿を見ることで自分もちゃんとしたビジョンを持ち、自分の考えを口にだしていこうと思えたきっかけです。

  • Q6VISION-なし得たい事、個人としてなし得たいこと。

    A6クラブとしてはスタジアムを満員にし続けることです。
    正直無理だと言われど、なし得たいですね。
    平均観客数の増加がはじめにきますが、1年間の中でスタジアム満員を1回、いずれは2回、3回へとしていくことで、まだどのチームも成しえたことことのない記録を達成できると思っています。

    個人としては、将来的に広報にも興味があるのでやってみたいという思いはありますね。ただ、クラブというのにはこだわりたいと思ってはいますが、違う種目のクラブ、例えば今なら開幕したばかりのBリーグのクラブにも関わってみたいという思いはあります。その為にも今のところでの経験値を積んでいきたいです。

  • Q7MARS CAMPで喋るとすればお題は何がいいですか?

    A7就職までの道のり…ですかね。
    自分でいうのもあれですが、1年間は気持ちを落とさず常に行動し続けました。
    専門学校では、初めに新卒では絶対に無理まで言われましたが…スポーツ業界で会う人、話す人みんなに私はここにいきたいと言葉にして伝えていました!
    その甲斐あって今の自分がいると思っているので、話すとしたらその内容からですね!

  • Q8これからのCAMP生に一言/CAMPはこうやって使い倒せ

    A8一番は常に自分のやりたいことを人に話すこと!
    スポーツ業界は多くの人が言うように狭い業界です。それは規模が小さくなればなるほどです。ですが、良く言えば、人との繋がりで簡単に会いたい人に会えることもあります。そうなるためには多くの人と話しビジョンを伝え、たくさんの意見を聞いて吸収していくことが一番の近道だと思います。
    同じ夢や目標を持っているCAMP生同士でお互いのモチベーションを高め合ってください!

  • Q9MARS CAMPも16期を迎えました!メッセージをお願いします

    A9興味があるのならまずは飛び込んでいってほしいです!
    スポーツ業界というざっくりしたものしかイメージできていなくても良いと思います。CAMPに参加することで視野も広げられ、自分の本当にやりたいことが発見できるはずです。
    何より、ここに参加している人たちで否定をする人はいません。
    むしろ、スポーツ業界に就きたいという思いを応援してくれる人ばかりです。
    そして出会いには必ず意味があると思っています。
    失敗は学ぶチャンス!!
    一緒にスポーツ業界を盛り上げていきましょう!