浦和レッズを支える広告代理店から学ぶ、PRの視点と地域との繋がり

講座レポート

  • 対象講座
    スポーツの可能性を探る! ~広告・PRの視点~
  • 日時
    2018年12月16日(日) 19:00~21:00
  • 会場

    【会場】TKP新宿モノリスカンファレンスセンター カンファレンスルーム11A

    【住所】東京都新宿区西新宿2-3-1 モノリスビル11F

  • 講師/ゲスト
    江口 智也詳細
  • ナビゲーター
    関谷 秀詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

 

10月から始まったMARS CAMP第17期の前半戦最終開催となった第6回本講座。

今シーズンの天皇杯を制した浦和レッズを始め、埼玉県内のスポーツ団体を支える広告代理事業を展開し、クライアントの課題解決を行うプロフェッショナルである株式会社ランドガレージ取締役の江口氏をお招きし、「スポーツの可能性を探る!~広告・PRの視点~」をテーマに開催!

Jリーグ・浦和レッズをはじめ、埼玉県内のスポーツ団体を支える企業が明かす、プロスポーツチームの広告・PRの裏側をお届けしました。

 

 

JリーグNo.1のマーケットの活用法を提案

 

株式会社ランドガレージは、埼玉県のスポーツチームを中心に、セールスプロモーション企画、企業のキャンペーン、スポーツプロモーション、イベント運営、デザイン制作、ウェブ制作、SNSを活用したマーケティング、サッカースクールのコーチ派遣など、多岐にわたる事業を展開しています。Jリーグ発足期に「埼玉にプロサッカークラブを誘致しよう」という運動を基盤に設立され、「中からではなく外から支える」形態として現在に至っています。

 

江口氏は2年間のイギリス留学を経て、株式会社ランドガレージへ入社しました。浦和レッズのスポンサー営業からプロモーション企画、選手を起用した広告撮影やサッカー教室運営などを担当しています。また、サッカー関連のみならず、さいたま市で開催されている自転車競技の大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」のスポンサーセールスや小口協賛事務局、県内スポーツチームの合同組織「プライドリームス」の運営など、スポーツを軸に広範囲にわたって活動しています。

 

その中で浦和レッズとの関わりは、下記の4つの事業がメインとなっています。

1.試合のイベント運営、サッカー教室の事務局等を行う委託事業

2.スポンサー営業、契約の広告代理店としての関わり

3.スポンサーの広告、グッズ制作、キャンペーン、イベントなどに携わる広告代理店としての機能

4.スポンサー企業からの委託事業

 

ランドガレージが通常の広告代理店と大きく違う点として、江口氏は「パートナーであるスポーツ団体が多くあること」を挙げました。「ここまでスポーツの領域を広げている広告代理店はあまりないのではないか」と江口氏が言うように、ランドガレージでは浦和レッズをはじめ、埼玉県のスポーツ団体と広く提携しています。

 

浦和レッズは、Jリーグの中でNo.1のマーケットを誇っています。他業態と比較しても、東京ディズニーリゾートと肩を並べる集客です。しかも、多くのクラブがチケットの割引や無料招待などを行なう中で、浦和レッズはそのような施策を取っていません。チケットを元値で販売しながらも、毎試合のように集客を確保できていることがクラブの強みとなっています。

 

チームの年間収入は約79億円(2017年)で、その内の多くの割合を占めているのが広告収入と入場料です。浦和レッズには約80社のパートナー企業がついており、上からトップパートナー(数億円以上)、オフィシャルパートナー(数千万円以上)、プレミアムパートナー(数千万円)、ファミリーパートナー(数百万円以上)と、カテゴリーによって契約内容が異なります。

 

仕事のリアルのパートでは、KIRINやポラスグループなど実際に浦和レッズとパートナーシップを組んでいる企業が、スポンサーになることの意味を正しく理解し、「どんな目的で」「クラブの資源をいかに活用して」企業価値の向上を図っていくのかを、クラブとクライアントの間に立ち、スポーツの持つ影響力を最大化していく広告代理店の視点でお話頂きました。

 

浦和レッズの商材としては、主に広告看板による露出や、選手の広告としての活用、スタジアムイベントなどによる企業プロモーション、社会貢献(サッカー教室)などが存在します。企業の課題をクラブの保有する権利でいかに解決していくか、スポーツの活用方法を明文化しています。その中で株式会社ランドガレージでは、クライアントに合わせて浦和レッズの活用方法を提案していきながら、形にしていく仕事を行なっています。

 

 

 

―スポーツによる地域活性化の一端を担う

JAさいたまグループは浦和レッズと提携して、埼玉県産のお米をPRするキャンペーンを行っています。年に一回「ライフスポーツセミナー」と題して、現役選手も参加するサッカー教室と、栄養セミナーを交えた“食育×サッカー教室”のイベントを実施しています。

 

また、選手を起用した埼玉県産のお米のPRポスターも作成し、県内のスーパーなどに掲示しています。これらは地元との関係性の向上と、CSR(企業の社会的責任)の展開を目的とした取り組みとなっています。

 

またその他の展開として「ファンファンレッズ」というサイトも存在します。浦和レッズのパートナーのキャンペーン情報サイトとして、スポンサーとのタイアップ企画などをサイト上やメールマガジンで配信しています。企業がスポンサーをするメリットを創出しやすいコミュニティーづくりを「ファンファンレッズ」を通して展開しているのです。

 

そのほかの県内のトップスポーツチームとの関わりとしては、「プライドリームス埼玉」という取り組みがあります。浦和レッズや西武ライオンズをはじめとした9チームが力を合わせ、アクションを起こすために設立されました。年に2回ほどスポーツクリニックやトークフェスティバルを実施するほか、各スポーツチームの横の繋がりを強化し、自治体も巻き込みながらスポーツを通した社会貢献活動を行なっています。

 

さいたま市は埼玉スタジアム、さいたまスーパーアリーナなど、多くの“箱”を所有しています。これらを活かしてスポーツ観光市場を創出し、スポーツによる地域活性化を目指しています。その実現のために「さいたまスポーツコミッション」を組織し、スポーツイベントの誘致と、開催の支援を行なっています。

あのツール・ド・フランスの名を冠した自転車競技イベント「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」は2013年に初開催し、約20万人を動員しました。現在は年に1回のビッグイベントとして定着しています。ランドガレージは、このような埼玉県のスポーツ産業に幅広く携わっています。

 

 

自分の軸に従ってキャリアを選択することが重要

江口氏は、現在のスポーツ業界をより良いものにするために「大きいクライアントを獲得すること」が重要だと言います。ヴィッセル神戸の大型補強について触れた上で「お金がなければ面白いことはできない」と、クライアントの力の重要性を説きました。そして大きなクライアントを獲得するためにも、クライアントに対してどういったメリットを教示できるかを精査することが必要不可欠になってきます。

 

最後に江口氏は、スポーツ業界を志す学生に向けてメッセージを送りました。

 

「これから社会に行って最初に出会った上司は、自分が成長するための1つ目の大きなポイントになると思います。その上司の方がもし尊敬できないのであれば、見切りを付けることもある意味重要です(笑)。一方でもし、『ついて行こう!』となれば、2、3年は頑張ってみれば良いと思います!自分の軸に従って今後のキャリアを考えてみてください!」

 

この日の講義を聞いた受講生のアンケートには、

 

◎そもそも広告代理ビジネスに関する正しい理解が出来ていなかった事を実感しました。

◎正直スポンサーセールスはクラブの名前があれば、売れるものだと勘違いしてしまっていました。セールスの裏側とスポンサーをすることの意味をじっくりと伺えて良かったです!

◎お話にあった「ファン」「サポーター」なだけでは「仕事」にならない。というお言葉が胸に突き刺さりました。俯瞰的にスポーツの可能性を考えていくキッカケになりました!

◎今日の話を聞いて、MARS CAMP生限定のアルバイト求人に挑戦して、将来活躍していくための準備をしようと改めて思いました!

 

などなど、多くの学びと発見、そして今後の動き方の参考になったという声を多く頂戴しました。

 

広告代理店の実際の仕事にまつわる情報があまり表に出ないこともあり、「知っているようで知らない広告代理店の仕事」になりがちではありますが、江口氏の言う「スポンサーが協賛することの意味を正しく理解すること」ができるようになった受講生が、この先スポーツ業界へと入って活躍することが出来れば、今よりもっとスポーツの価値が高まっている社会へと変貌を遂げるのではないでしょうか。

 

 


【第18期MARS CAMP 2019 Spring & Summer募集受付中!】4月8日(月)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が600名を超えました。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第18期 詳細はコチラ

 


<第18期無料説明会 開催中!>

4月からスタートする「第18期 MARS CAMP 2019SS」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第18期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

株式会社ランドガレージ 取締役

江口 智也

1981年埼玉県生まれ。浦和南高校、淑徳大学、英国ブリストル大学へ2年間の留学を経て、スポーツ広告企画会社、(株)ランドガレージへ入社。プロサッカーチームのスポンサー営業からプロモーション企画、現役選手を起用した広告撮影やサッカー教室運営などを担当。
ドイツW杯ツアーやACLツアーにスタッフとして帯同。南アフリカW杯では国内パブリックビューイングの開催運営に携わる。サッカー関連のみならず、ツール・ド・フランス自転車レース大会「さいたまクリテリウム」のスポンサーセールスや小口協賛事務局を運営。県内のスポーツチーム合同組織PRIDREAMS(プライドリームス)の運営事務局、各チームの広告プロモーションやWEB制作なども業務展開中。

13年新卒入社 (新卒1期生)。元々はマスコミ業界を志望し、学生時代には学生スポーツ新聞にて活動。並行しMARS CAMP2-5期生として、チームスポンサー営業・イベント運営・リーグ広報・ロンドン五輪Webサービスのインターンに参加。
入社後はスタジアムフード事業、チーム興行支援、チケットセールスを担当し、現在はスポーツの仕事に興味・関心がある学生/社会人、累計1万人以上の方々向けにスポーツ×キャリア支援のコーディネーターとしての業務に従事。並行して「MARS CAMP」コンテンツ企画/広報/マーケティング業務も担当。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。