なるほどの連続!Jリーグ放送権の謎に紐解く。

講座レポート

  • 対象講座
    スポーツリーグ&協会のリアル
  • 日時
    2011年12月15日(木) 19:30〜21:30
  • 会場

  • 講師/ゲスト
    守田 弘史詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

プロスポーツチームを司るのは、リーグ&協会。
今回は、Jリーグメディアプロモーションにて、放送権担当としてTV中継やリーグ戦日程の調整を行っている、守田弘史氏に講師として登場していただきました。
1993年、Jリーグの開始と共に「Jリーグ映像」として設立、現在は放送権や映像の販売、Jリーグ公認ファンサイトの「J’s GOAL」、そしてリーグプロモーションなどを担う「Jリーグメディアプロモーション」。 Jリーグの放映権を持っているのは全世界で150カ国を超えるWorldWideなJリーグにあって、その存在は非常に重要なポジションに位置付けられています。
また、Jリーグの収益構造として、スポンサーやグッズ・写真、そして放映権と多岐に渡るリアルな内部を語ってくださった守田氏。「今回の話はつぶやいたりしないでください(笑)」と、守田氏本人がつい言いたくなるほど、その中身を赤裸々に展開してくれました。

スポーツリーグ&協会のリアル スポーツリーグ&協会のリアル

リーグの収益に対し約40%と大きな割合を占める全国放送での放映権、93年のJリーグ元年における約10%と比べると、その割合が上がっているのがよく分かります。
その内訳としては、地上波やケーブルチャンネルなどによってその中身も変わっていて、リーグとしての苦労もそこで垣間見る事ができました。
一方で、それがローカルに及ぶと、それぞれのクラブの動き方やエリアの特色によってその営業方法も変化。 リーグのPRとしても様々な媒体でサッカー・Jリーグを見ることができ、戦略の重要性が伺えました。
今後の展開としてアジアに向けてのプロモーションも視野に。 ただ、「プロでやっている以上、皆さんに楽しんでもらう事が大事」と語り、Jリーグそのものの価値向上を強く掲げられていました。

守田氏の経歴として、前職が音楽業界大手での営業職であり、そこから4000~5000人の応募があったJリーグの公募での狭き門を勝ち取ったエピソードを披露。
前職での営業経験がプラスに影響したと語る守田氏に対し、
「スポーツと関係の無い業界からも、スポーツ業界への手段の一つとしてあるんだ」
「今後転職してスポーツ業界に入りたいです」
との、受講生の声も聞こえてきました。

「モノが渡れば完結するものではない、無形のサービスであるスポーツ、だからこそ、相手を良く知り、上手くバランスを取りながら落とし込みどころを探す事が大事」
守田氏の言葉に、受講生も納得の顔。

スポーツリーグ&協会のリアル スポーツリーグ&協会のリアル

受講生からは、

●Jリーグの放映権について、謎だった部分が理解できた。
●映像コンテンツを使い、多角度から普及へ向けてアプローチしているリアルを聞けて良かった。
●クラブチームではなくJリーグという視点で経営という面を見れたこと。
●今まではお金を回収する方々の講義が多かったと思うが、今回はお金を回収し、そのお金を使って価値を高めて回収するという事例を聞けた事が良かった。
●サッカーの試合のお金の流れが少し分かり、改めて勉強したいなと思いましたし、知識を増やさないといけないと感じました。
●スポーツとメディアがいかに関連しているかと言う事を改めて知らされました。
●リーグのプロモーションという利権の難しい案件を扱う事の意義を聞けた。
●放映権が過去と今では全く異なるというのは、興味深かったです。
●ファンに向けての情報発信の仕方などは、他の業界でも役に立つと思います。
●今まではクラブ側の目線が大きかったが、リーグ側の視点を持ち合わせる事も考えていきたいと思います。
●他リーグとの展開については、スポーツに関わる人が考えていかなければならないことだと強く感じました。
●関わる相手がとても多く関係が複雑なので、話を理解するのが大変だったが、と同時にこの関係を理解していないと仕事が出来ないと思うので、それぞれの相手を理解する事がどの仕事でも大切になると改めて感じました。
●いかにスポーツとの繋がりを見つけていくかという行動・視点も大切なのではと思いました。
●いつか一緒に仕事がしたいです!

などと、多くの声が寄せられました。

「自分はルートが見つからず別の業界に入ったが、皆さんはマースキャンプを通じて一歩先にアクションを起こしている。このまま先のスポーツ業界を目指し、続けて頑張ってください!」
と最後にエールを送ってくれた守田氏。
学生も社会人も、強い後押しを受け、一歩も二歩も先に進んでいく事でしょう。 

 


【第17期MARS CAMP 2018 Fall & Winter募集受付中!】9月30日(土)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第17期 詳細はコチラ


<第17期無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第17期 MARS CAMP 2018FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第17期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

Jリーグメディアプロモーション株式会社
メディア放送事業部

守田 弘史

1979年生まれ、32歳。東京都出身。
2002年に早稲田大学法学部を卒業後エイベックス入社。
営業を中心とした業務に6年半ほど従事。
2008年株式会社Jリーグメディアプロモーションに転職。
放送権担当としてTV中継の調整やリーグ戦日程の
調整を行っている。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。