指定管理について裏話を交えて詳しく解説!

講座レポート

  • 対象講座
    指定管理~地域スポーツを巡って
  • 日時
    2012年1月14日(土) 15:00〜17:00
  • 会場

  • 講師/ゲスト
    岩橋潤二詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

○○体育館、△△運動公園、などいわゆる一般の方が使用できる公共施設、今までその管理を地方公共団体が行っていたものを、民間の企業に委託して管理する事が出来る…これが「指定管理者制度」と呼ばれるもの。
今回はユナイテッドスポーツマネジメントの代表である岩橋潤二氏に講師としてお越しいただき、指定管理者制度の仕組みと、その事業の内容についてお話いただきました。

今回の講義の冒頭に受講生に訊ねたところ、指定管理者制度を詳しく知っているという方はゼロ、名前も内容も多少は知っていると答えた方は数名、ほとんどの方は名前は知っているけど詳しくは知らないという方々でした。
スポーツビジネスに高くアンテナを張っている人たちでさえ、この状況なのですから、そのくらい馴染みがなく、ここ最近で動きが盛んになっているということでしょう。

指定管理~地域スポーツを巡って 指定管理~地域スポーツを巡って

話はさかのぼって十数年前、小泉首相の時代に行われた、郵政民営化を柱とする「官から民へ」の構想。その一つとして、経費削減とサービス向上を目的として、平等かつ公平さを追求して設定されたのが指定管理者制度。
現在、ユナイテッドスポーツマネジメントの代表として岩橋氏が携わってきた受託案件を例に、どのような形で各施設を管理しているかを説明していただき、公共施設との関係性も紹介。
また、ある施設にて、指定管理者が決定するまでを、その当時の審査時プレゼンテーションでの裏話などを交えながら説明していただき、300ページもの資料を作成したエピソードもお話いただきました。

現在受託中の施設においてのリアルでは、自主事業による収益拡大と経費削減を徹底させ、税金のムダを無くす事に成功させた事例をご紹介。指定管理者制度のモデルケースとして、業界内でも大きな注目を浴びています。

徹底したリサーチやマーケティングが非常に重要だと岩橋氏、指定管理と地域スポーツとの可能性については総合型地域スポーツクラブとの連携を例に挙げ、様々な事業展開に活かしていく事が今後のポイントとも。

指定管理~地域スポーツを巡って 指定管理~地域スポーツを巡って

受講生からは、

●知らない事ばかりだったので、とても為になった。
●指定管理制度の概要が知れた事が大きかった。
●指定管理の基礎、またリアルなところが聞けて大変参考になった。
●指定管理については、多少の知識はあったものの、あいまいだった部分もあったが、それが分かった。
●指定管理という名前は聞いた事があったが、どういうものか知らなかったのが、基本的なことも含め話を聞けて良かった。
●指定管理の施設を使用した事はあるものの、それを受けるまでの経緯など知らない事が多かったので、行政とのかかわり方など勉強になりました。

と、知識の薄かった指定管理者制度に対しての理解度が増し、新たな発見やリアルを知れたとの声が多数ありました。
また、それらを知る事によっての課題も見えてきた中で、

●ここで聞かなければ知る事のできない内容について話を聞けた。
●メリットやデメリットを伺う事ができ、勉強になりました。
●知識はもちろん、したたかさも交渉時には必要になってくるという点を知る事が出来た。
●民間企業が介入する事で黒字化も可能と言う事は、今後成長するべき分野かなと思った。
●指定管理制度という、公共性の高く、発展性の高い内容の理解につながり、満足しました。
●指定管理の旧制度と新制度の違いが理解できて、ゆるい制度がたくさんあって無駄な税金が使われているというのが分かった。

との声も。

キャリアプランとしての指定管理業者がなくとも、スポーツ団体やイベンターとなればここに対する理解は必須です。
場所がなければスポーツはできないですからね。

「民間が介入するからこそ公共性が大事になってくる」と岩橋氏は言葉を強め、と同時にその難しさも感じられました。 「指定管理という、なかなか耳にしない言葉ではあるが、今後注目して考えて欲しい」とラストメッセージを受けた受講生ですが、その満足度は高く、更なる可能性も垣間見れたようでした。 

 


【第16期MARS CAMP 2018 Spring & Summer募集受付中!】3月31日(土)締切

2010年に開講したMARS CAMPも早くも8年目を迎えます。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第16期 詳細はコチラ

 


<第16期無料説明会 開催中!>

4月からスタートする「第16期 MARS CAMP 2018SS」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第16期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

株式会社ユナイテッド・ワン 
代表取締役CEO

岩橋潤二

1973年8月10日、東京都生まれ。カリフォルニア州サンタアナ大学スポーツ医科学部卒業。

帰国後に大手スポーツクラブにて新規店舗開発を経験後、日本にはない欧米型総合スポーツクラブ『リバティヒルクラブ』の立ち上げに関わる。支配人として5年でクラブ事業を軌道に乗せた後は、様々な事業設立に関わるエグゼクティブディレクターに就任。

2013年から株式会社ユナイテッド・ワンを設立し、代表取締役CEOとして、

スポーツクラブ事業/メンテナンス事業/スパ事業/公共施設受託事業/海外事業/スポーツ家庭教師事業など多岐にわたる新規事業の企画、開発、立上げ及び事業買収の総責任者として、事業案件に関する戦略、書類作成からプレゼンテーション、実務における事業・収支計画やプログラム開発の指揮、監督を担う。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。