社内運動会をプロデュース?スポーツイベントの裏側

講座レポート

  • 対象講座
    聞きたい!スポーツイベントの裏側
  • 日時
    2011年11月7日(月) 19:30〜21:30
  • 会場

  • 講師/ゲスト
    川原崎 泰史詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

スポーツイベントと聞いて、思い浮かぶものは何ですか?
サッカー、フットサル、野球、マラソン、など民間主催のスポーツイベントも多種多様です。
そんな中、企業の社内運動会をプロデュースするなど、新たな切り口でスポーツイベントを手掛けるNPO法人ジャパンスポーツコミュニケーションズ。
今回、代表副理事の川原崎泰史氏にお越しいただきました。

NPO法人としてスポーツイベントを手掛けるジャパンスポーツコミュニケーションズ(JSC)
「餅は餅屋に、運動会は運動会屋に」をコンセプトに、さまざまな会社の社内運動会をプロデュース。
会場確保から企画・運営、グッズ作成やお弁当の手配まで、ありとあらゆる部分で企業の運動会をサポート。
その他、健康を考えたオフィスヨガや、企業対抗フットサル大会のプロデュースなど、更なるステージへとその活躍の場を拡大しています。

「大きなイベントをプロデュースし開催していく事が、ひいてはスポーツの普及にも繋がる」と川原崎氏。
中長期で展開できるイベント開催を目指していく中、イベントを開催して楽しかったとの意見をもらったり、参加者の笑顔を見たりすることが、スポーツイベントの仕事をしていて1番嬉しい事だと、川原崎氏自身も笑顔で話してくれました。

逆に、ご自身の働き方としては、「スポーツが好きであるという部分を出さずに仕事としてプロフェッショナルな働きが出来るかどうか、その仕事を責任持って出来るかどうか」というメッセージには、一様に納得した様子でした。

聞きたい!スポーツイベントの裏側画像 聞きたい!スポーツイベントの裏側画像

参加者からは、

●スポーツイベントの知識がなかったので、今日の講義を聞いてスポーツに携われる仕事が自分の中で広げることが出来て良かったです。
●企業運動会を始めとしたスポーツイベントの企画という業種は、あまり聞いたことが無かったので、勉強になりました。
●スポーツイベントを成功させるために、どのようなものが関わっていて、全然自分が知らない裏側の苦労が聞けて良かったです。自分は上辺の部分しか分かってなかったと思いました。
●スポーツイベントが離職防止やコミュニケーションの活性化に役立っているとは知りませんでした。企業にとってニーズが増えているのも、不景気なのに意外でした。
●非常に興味をそそられる内容でした。「運動会」がビジネスになる事は目からうろこでした。

と言うような、スポーツイベントに関する仕事のリアルを知る事が出来た点、
また、

●スポーツイベントをはめ込む土壌が、意外なところにもあるということを知れて良かったです。
●スポーツイベントの需要がどの程度あるのかは未知数だが、企業以外のスポーツイベントも展開していけば面白いと思った。
●スポーツにお金を出すというところで、世間の雰囲気が少しずつ変わってきていることが、現場を体験されている方からのお話で分かりました。また、個人参加型の需要が増えているとの事で、スポーツの業界のパイが大きくなっていると感じました。
●固定したイベントだけでなく、お客様のニーズに合わせた多種多様なイベントを開拓していく必要があると強く思った。
●大学でスポーツイベントの運営をしたばかりだったので、身近に感じられたし、今後の参考にしようと思った。

と、仕事のリアルを知った上で自分たちに何が出来るかと、その先について積極的に考える意見が寄せられました。

聞きたい!スポーツイベントの裏側画像 聞きたい!スポーツイベントの裏側画像

川原崎氏の業界への入り方として、イベントへの参加をきっかけに、イベント団体へ参加する事になったいきさつをふまえ、積極的に外へ出る、参加することのススメを、参加した受講生へアドバイスをいただきました。

「現実は狭き門だが、情熱を継続しつつ取り組んでください!」

講義終了後の受講生の顔は、もちろん情熱に溢れていました。

 


【第17期MARS CAMP 2018 Fall & Winter募集受付中!】9月30日(土)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第17期 詳細はコチラ


<第17期無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第17期 MARS CAMP 2018FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第17期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

NPO法人
ジャパンスポーツコミュニケーションズ

川原崎 泰史

1978年2月1日生まれ。33歳。東京都出身。
 神奈川大学外国語学部スペイン語学科2002年卒。
 大学卒業後、2007年までの6年間、一般企業数社に在職。
 大学在学中より、スポーツ業界に身を置きたいという想いが強く、
 同年、NPO法人ジャパンスポーツコミュニケーション(以下、JSC)を
知人、友人数名とともに立ち上げ。日本国内における、スポーツ文化の浸透、社会的地位の向上を目指し、今日まで活動を続けている。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりマーススポーツエージェント(現:ウィルオブ・スポーツ)立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなどを経験し、2010年「MARS CAMP」創設。現在は社内事業統括、新規事業立案・推進を担う。スポーツ関連企業の外部人事部としてスポーツ×キャリアをトータルでプロデュースしながら、2020以降に事業化・プロ化を視野に入れる各種スポーツ中央団体の事業パートナーとして各種プロジェクトを推進中。