チームに欠かせないチケッティング業。別の形のスポンサー業に迫る

講座レポート

  • 対象講座
    スポーツ・スポンサーシップ
  • 日時
    3月10日(土) 15:00〜17:00
  • 会場

  • 講師/ゲスト
    増田 朋広詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

スポーツにスポンサーとしてお金を出すと言えば、サッカーチームのユニフォームの胸スポンサーや、球場・スタジアムの広告看板などが挙げられるでしょうか。
ただし、スポンサーと言っても、会社のロゴを露出させて宣伝広告として使うだけではありません。
今回は、「チケットぴあ」など、各種チケットを取り扱う事でご存知のぴあ株式会社より、増田朋広氏にお越しいただき、スポーツとチケッティング業、そしてスポンサーシップについてお話いただきました。

スポーツ・スポンサーシップ スポーツ・スポンサーシップ

チケットと言えば「ぴあ」と言うくらい、人気スポーツはもちろん、マイナー含め扱っていないスポーツ興行はほとんどない程、多くのチケットを扱うぴあ。
スポーツに限らず、アーティストのライブチケットはもちろんの事、レジャー・エンタテインメントに関する雑誌の発行など、メディアコンテンツやライブエンタテインメントと多岐に亘ります。

そんなぴあが先日、2011年12月にJリーグとオフィシャルチケッティングパートナーを結び、Jリーグ公式サイトにてJリーグチケットオンラインサービスを開始。
既にJリーグチームとチケット販売については繋がりはありますが、Jリーグとオフィシャルパートナーを結ぶことによって、プラスになることが多いと増田氏。 その内容について、参加していた受講生たちは、始めこそピンと来ていなかったものの、徐々にそのパートナー契約の全容が見えてくるにつれて、そのプラスになる部分が理解できてきたようでした。
宣伝広告ではない、別の形のスポンサーシップが、そこにはありました。 

また、今後の動きとして、2012年ロンドンオリンピックのチケット販売にも話は及び、国内チケット販売について、その総代理店として業務を担う事が決定しています。
今まで日本オリンピック委員会(JOC)が担っていたその業務を、ぴあが発券・販売・プロモーションなどトータルに行う事で、どう変わっていくのか? 間もなく開催されるロンドンオリンピックにおいて、別の角度からも目が離せません。

そんな中、増田氏の仕事の流儀についても触れ、学生時代に多くの人に出会っていたことが、就職にも仕事にも全て活きてきたと「一期一会」を熱弁。 また、求める人材や要素については、自分がやりたい事は何なのか、それをはっきりさせる事が重要とも。 
受講生の中には就職活動中の学生さんも多く、その一言一言に重みを感じていたようでした。

スポーツ・スポンサーシップ スポーツ・スポンサーシップ

受講生からは、

●チケットエージェンシーのスポーツとの関わり方は自分が知らない事だらけでした。
●チケット販売以外にも、プロチームなどいろんなところと関わっているところに、とても興味を持てました。
●チケット事業以外でスポンサーシップまで至った経緯を聞くことが出来て良かったです。
●本業に直結するスポンサーの形について、これまで聞いたことがない話だったので、とても勉強になりました。
●SNSと組み合わせた販売方法など、視点の違うやり方を知れた。
●チケット販売=集客、で考えたときの話が聞けたのが良かった。
●チームにとってチケッティングは非常に重要な事業なので、その重要性をとても強く感じました。
●Jリーグクラブとぴあとの関係性について知れた。
●スポーツ業界とチケット会社を結び付けて考えたことが無かったので、新鮮でした。
●スポーツ興行をビジネスという観点でより深く絡めて聞くことができました。
●スポーツと関わるには、こういう視点もあるんだなぁ、と思いました。
●スポンサーとしての関わり方を知る良い機会となりました。

と、スポーツ・チケッティング・スポンサーシップの新たな形として知ることが出来たようです。
今まで、チーム、チケット、スポンサー、それぞれバラバラに考えていたものが、今回一つの流れの中で捉える事が出来た感じでしょうか。

また、通期で受講しているマースキャンプ生は様々なプロスポーツチームで運営のみならず営業も実施していますが、
●インターンでチームのスポンサー・チケッティングの営業をやっているので、チケットを売ることの難しさを痛感しており、ぴあさんのような企業の活躍はプロスポーツ業界にとって必要不可欠だと強く思います。

といったように、自分自身でチケット・スポンサーを販売するインターンを実施しているからこそ、チケットエージェンシーの価値を理解している方も。

カンがいい方はピンと来るかもしれませんが、チームや興行元にとってチケットエージェンシーは必要不可欠な存在。
即ち、そこに行けばスポーツ業界で活躍するためのキャリアも積めるということでもあります。

最後に増田氏から、
「自分自身も少し前までは、今回参加してくれている皆様と同じ状態で、スポーツを仕事にしたいと動いていました。ただ、なかなかスポーツ業界のリアルな仕事の話が世の中には出てこないので、こういう機会で少しでもキッカケになれればと思ってました。今回の講義、ひいてはマースキャンプに参加して情報を集めたいと思っている人たちは凄いと思います。このような積極性を忘れずに今後も行動して欲しいですね。そしてどんどんスポーツ業界に入って行ってください。恐がらずに進んでいけば、道は開けます!」
と、受講生に向けて熱いメッセージをいただきました。

ゴリゴリ情報を掴みに行った人はチャンスがおのずと見えてくる。
今や受講生たちはその言葉に確信すら感じていることでしょう。

 


【第17期MARS CAMP 2018 Fall & Winter募集受付中!】9月30日(土)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第17期 詳細はコチラ


<第17期無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第17期 MARS CAMP 2018FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第17期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

ぴあ株式会社
ライブソリューション第一グループユニット長

増田 朋広

1999年ぴあ株式会社に入社。
ジェフユナイテッド市原や、清水エスパルス、ラグビーなどの
チケッティングを担当。
FIFAワールドカップ2002では、埼玉ベニュー、横浜ベニュー
プレステージプログラム担当。
2003年からスタートした、ラグビー/トップリーグでは、
初の全国リーグのチケッティングを構築。
2008年には、日本サッカー協会のチケット販売サイト
「チケットJFA」を立ち上げる。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。