他では聞けない!スポンサー営業の秘話。

講座レポート

  • 対象講座
    熱狂のスタジアム ファンと歩むJクラブ
  • 日時
    2012年10月15日(月)
  • 会場

  • 講師/ゲスト
    永井 紘詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

スポーツを一生の仕事にする半年間の超実践最速講座、MARS CAMP 第5期がスタートしました!!

スポーツ業界に就職する、ではなく、スポーツ業界で活躍するために、現在業界で活躍している講師の方をゲストにお招きし、実際の仕事のリアルをお届けします。

マースキャンプ第5期、第1回目のゲストには、横浜マリノス株式会社 事業本部 法人営業部の永井紘氏にお越しいただき、Jリーグサッカークラブチームのリアルと、スポンサーとの関係について、たっぷりお話いただきました。

熱狂のスタジアム ファンと歩むJクラブ 熱狂のスタジアム ファンと歩むJクラブ

講義冒頭、横浜在住・横浜市民の方は?との問いかけに、数名しか手が挙がらなかった受講生でしたが、横浜F・マリノスのHGをスタジアムで観た事がある人?

との問いに、この日詰めかけた120名超満員の4割近くが一斉に挙手。圧巻の光景に、永井氏の表情もほころび、その人気の高さを垣間見られました。

会社の組織として、新たに設けられたMAP13推進室。

「Marinos Amazing growth Plan」2011年から2013年までの3ヵ年計画として、日本一のメガクラブに成長するためのチャレンジを実施中。2010年~2012年におけるクラブの変化、そして大型スポンサー契約や、観客動員数増加に向けての施策、スクール事業の充実など、様々なアプローチで進められています。
また、永井氏が関わる、スポンサー獲得について話が及ぶと、受講生の関心度合もグッと高まりました。

J1の胸スポンサーは1年2億~それ以上とも言われている世界、胸スポンサーを筆頭に、ユニフォームにロゴが露出するような高額スポンサーと呼ばれるカテゴリーのオフィシャルパートナー。このオフィシャルパートナーとしてのスポンサー獲得に関わった永井氏の、企業アプローチから商談の際の裏話など、普通では聞けないリアルな部分がゴロゴロと出てきました。

オフィシャルパートナー以外にも、オフィシャルスポンサーと呼ばれるカテゴリーでも、地場の企業を中心に、獲得時や現状を説明していただき、地場の企業を巻き込んでのHG展開に対するファンの反応の生声もお聞きすることができました。

観客を巻き込んだスポンサーへの施策には、受講生も関心しきり。どうして企業がスポンサーとなるのか?それがマリノスである理由とは?スポーツというソフトを提供する営業の奥深さに、会場は納得の様子でした。

「ただのサッカーの試合・スポーツ興行ではなく、我々は来てくれた観客に喜怒哀楽など感動体験をしてもらう事を提供している」

とは永井氏。サッカーを見せればいい、と言うことではなく、ゴールや勝利の喜び、失点や敗戦の怒り・哀しみ、試合以外での楽しみなど、様々なシチュエーションでの感動を届けたいとの事。

スポーツ業界において、ビジネス的に気を付けなければいけない点としては、

「政治・経済なども含め、いろんなアンテナを張ることが大事、スポーツだけしか知らないスポーツバカにならないように。」

との答えには、スポーツ好きでスポーツ業界に入りたい受講生にとって、ハッとさせられたことでしょう。

永井氏が考える、スポーツ業界で活躍するための条件として挙げていただいたのは、「本質を掴む」と言うこと。営業の立場としてはもちろん、それ以外での職種でも、相手が何を求めているのかを捉えることが大事だと、声を強めて説明していただきました。加えて、その本質を掴み、解決策を提供するために、「国語力」が必要であるとも。要点をまとめて、その本質を語るためにも、国語力の必要性を語っていただきました。

永井氏と言えば、横浜マリノス株式会社に史上初の新卒で入社した存在。入社当時も、新卒での募集をしていなかったマリノスに対して、毎月企画・提案書を送ってアピールし続けた秘話を披露。

「雇用が無ければ、作ればイイ」

との言葉には、自らの行動で道を切り開いた永井氏だからこその重みがあり、新卒でスポーツ業界を目指す大学生の受講生には希望にも聞こえたに違いありません。

熱狂のスタジアム ファンと歩むJクラブ 熱狂のスタジアム ファンと歩むJクラブ

受講生からは、

●地域の企業がスポーツチームに何を求めているかが分かった。
●クラブ運営をしていく上で、スポンサーの契約が非常に大事だということが分かった。
●実際にチームで働いている方のお話は聞ける機会が少ないため、現実を少しでも知れた所が良かった。
●業務の内容はもちろん、1日にどれくらい働いているかとか、簡単には聞けない事も話していただいたので、考える機会になった。
●スポーツクラブのスポンサー営業の裏話だったり、クライアントと接する際のコツなどを聞けたので、とてもためになった。
●自分には今何が必要なのか、今の自分に何ができるのか、を考える機会が出来て、貴重な体験になった。
●スポンサー獲得をするうえで何をポイントに置くべきなのか分かってよかった。
●営業の漠然としたイメージが、今までより鮮明になりました。
●一つの試合を行うのに、とても多くの努力が行われている事、チームの成り立ちなど、実際の仕事のリアルを知れたのでよかったです。
●クラブで働きたい夢があったが、具体的にどういった仕事をしているのが未知だった部分について、リアルな声が聞けたので想像することが出来た。
●プロスポーツクラブは他の企業とは違う環境というイメージがあったが、実際は一般企業とほとんど変わりがないという点で勉強になった。
●営業という観点からスポーツを見れた事で、スポーツをビジネスと直結して考えることが出来た。
●営業のリアル、スポーツというよりビジネスを勉強している感覚を味わえた。
●自分がスポーツ業界に対して、まだまだ無知であることに気付けました。まずは知識や経験を蓄えて深く考えていきたいと思います。
●スポーツのどこにスポンサーが満足をしているかということが知れてよかった。

と、ここでしか聞けない現場のリアルな声を実感していました。

やはりスポーツチームという人気の高い業種なだけに、

●自分がなぜスポーツ業界で働きたいかを考えなければならないなと感じさせてもらえた。
●ただのスポーツ好きではいけない、物事の本質を理解することが大事。
●新卒でスポーツ業界に入る事に少し抵抗があったが、今回のお話を聞いて新卒でも狙えると払拭されました。

と、単なる憧れから現実のシビアな部分も分かりつつ、業界への入社に向けて新たに火が付いた受講生も多いでしょう。

最後に永井氏から、

「これまでスポーツ業界で働きたいという人を多く見てきました。ただ、会って話をしても、どうしてスポーツ業界に行きたいのか、この根っことなる部分が定まっていない人ばかりで、ただスポーツが好きだからという理由などではダメ。これからはスポーツ業界も、ビジネスの分野として進んでいく中で、ビジネスマインドが大事になってきます。このマースキャンプでスポーツ業界で活躍するポイントを学んで頂いて、一人でも多くの人と一緒に仕事が出来ればと思います。スポーツ業界に入って6年目、自分もミスばかりですが、何事にも恐れずチャレンジしていってください!」

と、ラストメッセージをいただきました。

「あっと言う間の2時間!」「凄く短く感じました」「濃い内容で楽しかったです」「もっと深く知りたい」と、新たにこの5期から参加した受講生の声も届いています。

やる気があり、力がある若手が必要なこの業界。スポーツ業界で活躍するために、仕事をするパートナーを理解し、お客様のニーズを理解し、提案できる存在になれるよう、このコミュニティを使い切って頂ければ幸いです。

 


【第16期MARS CAMP 2018 Spring & Summer募集受付中!】3月31日(土)締切

2010年に開講したMARS CAMPも早くも8年目を迎えます。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第16期 詳細はコチラ

 


<第16期無料説明会 開催中!>

4月からスタートする「第16期 MARS CAMP 2018SS」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第16期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

横浜マリノス株式会社 
事業本部 第一事業部

永井 紘

早稲田大学スポーツ科学部スポーツビジネスコース卒業。
 横浜マリノス株式会社に入社。
チケットやホームタウン、法人営業を経験し、現在はファンクラブを基軸としたCRMを主に担当。
 定常業務としてチケット(ホームゲーム集客)や試合運営を併せて担当し、部署横断型プロジェクトとしてアジア戦略も担当。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。