スポーツde町おこし!地域の課題をスポーツで解決する方法

講座レポート

  • 対象講座
    スポーツ de 町おこし
  • 日時
    2013年6月29日(土) 17:00~19:00
  • 会場

    TKPスター会議室 西新宿 ホール9

    東京都新宿区西新宿1-19-6 山の手新宿ビル9F

  • 講師/ゲスト
    山本 学詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

あなたの生まれ育った町は、どんなところですか?いわゆる大都市と呼ばれるところでは、大きな施設・店舗があり、娯楽に溢れている町かもしれません。いわゆる地方で育った方は、自然に囲まれ、長閑な時間が流れる町かもしれません。そんな自分の誇る我が町が、盛り上がりに欠け、衰退の憂き目にあっているとしたら?町を活性化させ、皆が楽しく過ごす町にしたいと思うのかもしれません。
そんな町おこしを考えたとき、スポーツを用いて町おこしに一役買おうと施策を練る。今回はカイエンタープライズ株式会社代表の山本学氏にお越しいただき、スポーツ×地域の事業展開、ならびにその地域におけるスポーツの介在価値についてお話いただきました。

 

冒頭、事業内容の一つとしてスポーツ及び地域振興に関する国際交流事業があり、その海外での様子をお話しいただき、「世界にはスポーツのルールすら知らない地域や場所もある。そんな時はルールなど細かく言わず、とにかく楽しんでもらうことが大事。」と語る山本氏。サッカーであれば、ボールを蹴ってゴールに入れる、ただそれだけ。バドミントンであればラケットでシャトルを打ってコートに落としたらダメ、ただそれだけ。でも、それだけでそのスポーツを知らなかった地域の子供たちは大いに喜び楽しんでくれると聞くと、スポーツの持つチカラがそうさせるのだと思わざるを得ません。

このように、スポーツ及び地域振興に関するイベント、コンサルティング事業、キャスティング事業、マネジメント事業などを行うカイエンタープライズですが、一方で「スポーツによる健康な街つくば」の実現を目指すことを目的としたNPO法人、Active-TSUKUBAに携わり、総合型地域スポーツクラブの展開から、地域にある様々な課題などを解決に導いています。

現在、Active-TSUKUBAにおいて、年間24団体・100種目にわたる「つくばスポーツ探検隊」にて、総合型のディレクターとして各教室のマネジメントを行う山本氏。「一旦辞めてしまった子やスポーツを嫌いになってしまった子にも入れる状況を作ってあげたい。」ということで、その環境作りが重要と語っていただきました。
ただ、その運営資金には苦労し、元々大学勤務だったところから、大学を辞めてActive-TSUKUBAを引き継ぐと、約2年間に渡り自分の給料がゼロの状況もあったと聞くと、スポーツ業界としての難しさに直面するリアルを感じる部分になりました。

そんな山本氏が考える、スポーツ業界で活躍するための条件、仕事の流儀は、
『想像を創造し続けること』
スポーツという無形のものを形あるものにしていく事は難しいが、それを継続更には進化させていく事が必要との事。

また、求める人材、必要な素養は、
『スポーツに関しての幅広い捉え方と、単一種目に特化せず平等に行動を起こせる人材』
との事でした。

 

受講生からは、
●地域振興を前提にマネジメントするやり方など、聞けて良かったです。
●地域全体を盛り上げるために多くの団体と関わることによる難しさを感じました。
●理想的な部分と現実的な厳しさとのギャップを認識できたとお思います。
●子供に様々なスポーツを提供し、スポーツを大きな枠として捉えている点に感銘を受けました。
●スポーツで町おこしというのが自分の興味のある分野だが、今回改めて再認識できました。
●本当の総合型地域スポーツクラブのあるべき姿を学ぶことができたと思います。
●1つの種目に特化せずに多種目・多世代を対象として行う総合型地域スポーツクラブは今後のスポーツの発展には必要だと思っていましたが、今回の話で聞けたものはさらに良いケースだと思いました。

と、総合型地域スポーツクラブから地域振興に繋げるその活動に、多くの受講生が感銘を受けていました。

最後に山本氏から、
『スポーツによる地域振興、町おこしという展開は、周りから見れば変わったことをやっていると思われているのかもしれません。でも、それによる成果や価値は素晴らしいと自信を持って言える事だし、この仕事が珍しいものではなく普通なことだとなるように、皆さんもぜひ頑張ってください。このマースキャンプを通じて関わった皆さんと、いつか一緒に仕事ができるといいですね。』
とラストメッセージとしてエールを送っていただきました。

地域振興、地域活性化、地域というキーワードが叫ばれる今、その地域を盛り上げる手段の一つとしてスポーツが用いられる、その展開にマースキャンプ受講生が携わる情景は、容易に想像できるものになったのではないでしょうか。

 


【第17期MARS CAMP 2018 Fall & Winter募集受付中!】9月30日(土)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第17期 詳細はコチラ


<第17期無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第17期 MARS CAMP 2018FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第17期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

カイエンタープライズ株式会社 
代表

山本 学

茨城県出身 流通経済大学卒業、筑波大学大学院 教育研究科修士課程修了。
JFA Sports Managers College Grade3修了。
 高校、大学、社会人と国内外のラグビー文化に触れ、2007年NPO法人アクティブつくばのクラブマネージャーに就任。年間24種目のスポーツを体験できるマルチスポーツプログラム「つくばスポーツ探検隊」を通じて100種目のアスリート・スポーツ団体とのネットワークを構築する。
2010年、カイエンタープライズ株式会社を設立。アスリートと地域をつなぐ独自のプログラムだけでなく、国内外への普及活動やマスメディアへの出演など、幅広いスポーツ活動を展開している。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。