地域リーグからJ3参入!地域とともに目指す先とは

講座レポート

  • 対象講座
    感動請負人、スポーツチームの仕事
  • 日時
    2013年12月1日(日) 15:00~17:00
  • 会場

    TKP新宿ビジネスセンター 11Fスカイ会議室

    東京都新宿区西新宿2-3-1 モノリスビル11F

  • 講師/ゲスト
    高橋 純一詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

来シーズンから2ステージ制の導入か?と揺れるサッカーJリーグ。一方で、新たにJ1・J2に続きJ3が新設され、リーグの拡大と共にサッカー界の更なるレベルアップが期待されているのが2014シーズンからのJリーグ。

その新設されるJ3において、11/19に2014シーズンの参入チームが決定しましたが、今回は参入が決まったばかりの藤枝MYFCから経営企画室の高橋純一氏にお越しいただき、地域リーグからJ3参入に至るまで、そしてその事業内容などについてお話いただきました。

 

現在、清水エスパルス、ジュビロ磐田と、静岡県には2つのJリーグチームがありますが、今回の藤枝MYFCのJ3参入により、いよいよ3つ目のJリーグチーム誕生となります。「サッカー王国・静岡」と呼ばれるほど、サッカー文化が根付く静岡県において、企業のミッションとして「サッカーの街からアジアのサッカーシティーへ」と世界展開を掲げる藤枝MYFC。その特徴として、チーム創設時に世界で2例目となるネットオーナーシステムを導入し、一つの企業にとらわれないバックアップ体制の中、現在333もの株主によって成り立っています。

そんな藤枝MYFCの特徴的な収益源は、広告収入でもチケットによる入場収入でもなく、実はスクール事業。スポーツを通じた人間教育をコンセプトに掲げ、サッカー・野球スクールを関東・静岡にて展開。地域コミュニティの希薄化や子育てがしにくい状況、環境問題や社会問題などの現状課題を、藤枝MYFCのスクール事業によって解決していくとともに、スポーツと教育をバランス良くミックスすることで、子供たちにスポーツのレベルアップのみならず、挨拶や礼儀などを指導していくことが特徴となっています。

また、2014シーズンからJ3参入が決まった藤枝MYFCですが、スタジアム整備などハード面でも参入のハードルがありました。その為に将来のJリーグ入りを見据え、昨年からメインホームスタジアムの整備に向け、地域での署名運動を実施。1万5千人以上の署名を目標に動き出したものが、結果として5万5千人を超える署名を獲得、市に要望書を提出し、整備につなげることができたこの運動は、実は高橋氏が責任者として動いて実現させたもの。

「プロ野球のキャンプ地として有名になった宮崎や、サッカー合宿などの聖地として利用されているサッカータウン波崎などのように、藤枝もアジアで一番ヒトを集め続ける地域に、何度も来たくなる地域にさせていきたいですね。」とは高橋氏。その筆頭として藤枝MYFCがトップレベルのチームとしてシンボルとなり、富士山をはじめとした観光や食をつなげ、アジアのフットボールシティとして町おこしを進めていきたいと、その想いをお話いただきました。

そんな高橋氏が考える、スポーツ業界で活躍するための条件、仕事の流儀は、
「私たちの今が、20年、50年、100年先の未来を作っているという気概を持つ。」

そして、求める人材・必要な素養は、
「スポーツマンシップ、『尊重』と『覚悟』」
出来るか出来ないか、ではなく、やるかやらないか、という心持ちが必要とも。

一度キャリアを挟んでスポーツ業界に入るとしたら、
「新しいものに挑戦するベンチャースピリットを持って取り組む仕事を担務しているといいですね。」
との事。

 

受講生からは、
●チームの立ち上げについて、具体的に課題など聞くことができてよかった。
●下部リーグから上がっていく過程のチームの実情を知れて勉強になりました。
●大手企業が運営に関わっていない形態と現状を聞けて、大変参考になりました。
●スクールビジネスが収益源という発想が非常に面白かった。
●行政・自治体とクラブの関わり方など、リアルな話が聞けた。
●スポーツを通して人間関係や価値観、基本的な挨拶や礼儀などを学んだので、スクール事業を通して人間教育を行っていくという点で関わってみたいと思いました。

と、業務内容でのリアルな部分が知れたことに加え、そこから自分の今後の活動につなげていきたい意欲も強めたようでした。

最後に高橋氏より、
「このMARS CAMPに意識高く参加している皆さんは、参加すること自体凄い事で偉いと思います。ただ、そこで満足することなく、更に一歩踏み出す、チャレンジする行動を示していってもらいたいと思います。我々もJ3という新たなステージに進みますので、J1さらにはアジアを目指してチャレンジすると共に、そこで皆さんと一緒に仕事ができればと思います。」

と、ラストメッセージとしてエールをいただきました。

裾野は広がり、関わる機会も増えることは事実。飛び込んだ先で活躍できる準備を、業界を目指す皆さんには期待、そして共にレベルアップしていきたいものですね。

 


【第16期MARS CAMP 2018 Spring & Summer募集受付中!】3月31日(土)締切

2010年に開講したMARS CAMPも早くも8年目を迎えます。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が550名を超えました。

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。

必要な期間は6ヶ月。学校の順算ではなく、現場の逆算を体現し、
スポーツ業界内企業が「採用したい!」という人材の輩出機関です。

<情報+経験+接点創出>にこだわり
「スポーツを仕事にしたい!」
「スポーツ業界の人脈がほしい!」
そんな方々のための「本物のチカラ」を養う場所です。

▼第16期 詳細はコチラ

 


<第16期無料説明会 開催中!>

4月からスタートする「第16期 MARS CAMP 2018SS」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第16期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

株式会社藤枝MYFC
経営企画室

高橋 純一

1985年宮城県仙台市生まれ。2008年一橋大学卒業。在学中はアメリカンフットボール部に所属。同年東京電力株式会社に入社。東京電力でもアメリカンフットボール部に在籍し関東社会人2部リーグにてプレー。
2012年1月、株式会社藤枝MYFC入社。経営企画室にて事業計画、収支計画の立案、行政担当の責任者を務める。また法人営業として年間600社以上の経営者と商談を行う。
2012年3月に藤枝総合運動公園サッカー場の改修署名運動の責任者として5万5千筆以上の署名を期間3ヶ月で達成。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりMARS立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなど、社内事業を横断的に従事し、10年より立ち上げた、「MARS CAMP」商品企画・広報も担当。新卒・中途共にスポーツ業界内企業の外部人事部として活動しながら、体育会系人材の就職支援やアスリートと企業を結ぶセカンドキャリア支援など、スポーツとキャリアをトータルでプロデュースする。