サッカーファン必見!!未来の日本サッカー繁栄に向けた戦略

講座レポート

  • 対象講座
    競技とともに-スポーツ・リーグビジネス
  • 日時
    2014年7月2日(木) 19:30~21:30
  • 会場

    TKPスター貸会議室 西新宿

    東京都新宿区西新宿1-19-6  山手新宿ビル 8階

  • 講師/ゲスト
    山下修作詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

サッカー日本代表のブラジルでの戦いが幕を閉じ、意気消沈の日本サッカー界…
しかし、支え手となる私たちは2018年ロシアW杯に向けて『今から』動き始めていかなければなりません!

そんな中、今回の講義には日本サッカーの普及・強化を司るリーグより、Jリーグメディアプロモーションの山下氏をゲストにお迎えし、未来の日本サッカー繁栄に向けたJリーグのアジア展開のリアルをお伺いしてきました!

20140702_s002 20140702_s003

講義冒頭、山下氏より「今日の講義を通してJリーグはあまり興味がない…というイメージを払拭出来ればと思います!(笑)」という力強い宣言から講義がスタート!

まずは知っているようで知らない”Jリーグメディアプロモーション”の仕事を直々にお話頂きました。

元々はJリーグの映像販売をメインとした事業を展開していましたが、徐々に幅広い事業内容へとシフト。日本国内のサッカーに関わる様々なライツをリーグで集約し販売。そこで生み出した資金を各クラブへ配分していくといった仕組みの中で機能しているJリーグメディアプロモーションの役割は、
放送権&プロモーションを通してJリーグの価値を高めていく仕事。

その為の1つの施策として、山下氏がキーワードに挙げるのがASEANを中心とした「アジア」。
山下氏自身、アジアにおけるJリーグの価値の高さを強く感じていた事がキッカケで現在のアジア戦略室の仕事に従事。 その山下氏が行う仕掛けのリアルについてもお話頂きました。

現在のJリーグの売上規模はアジアでも群を抜いているものの、欧州TOPリーグ、
なかでもプレミアリーグと比べると20倍以上の開きが出る状態の中で、

◎アジアにおけるサッカー市場の大きさ(欧州リーグをアジア市場が支えつつある図式)
◎国家の要人が国内クラブチームのオーナー
◎十数年で劇的な成長を遂げた日本サッカーの育成ノウハウへの注目
◎ASEANを中心として伸び続けるGDP

という要素をJリーグ、そしてJリーグを支えるパートナーである企業と自治体の営業機会へと転換。
<新興国市場開拓等事業費補助金>として経済産業省もバックアップする「ALL JAPAN」体制で推進されています。

20140702_s004 20140702_s005

その他、アジア・J3に市場が拡がることと選手のキャリアにまつわるお話や、Jクラブスポンサーの具体的なASEAN進出状況など、講義直前にかかってきた電話の話題まで引っ張りだしていただき、
まさしく「今」のリアルをお話し頂きました。

JリーグとASEAN各国リーグの提携、そして現在増加しつつある、Jリーグチームとアジアチームのクラブ提携の背景には、山下氏のような熱量を持った人材が存在し、アジア全体のレベルアップやJリーグの価値を高める為の仕掛けがあります。アジアにおけるパートナーを次々と巻き込むスピード感と爆発力から、改めて「サッカー(スポーツ)にしかできないこと」を如実に感じるエピソードをたっぷりと頂きました。

受講生からは
●リーグの仕事の全体図は聞いたことがなかったので、すべてが未知でした。
●アジア戦略の話しは記事などでなんとなく見たことがあったが、本質と今が分かりました。
●リーグの仕事に限らず、遂行力をもって仕事をすることが、特にこの業界に必要なんだと感じました。
●スポーツ、そしてJリーグを架け橋に日本企業とアジアをつなぐ最前線のお話が聞けて、スポーツでできることの視野が格段に拡がりました。
●自分はバスケ界で活躍したいと思っていて、サッカーのことは元々よく知らなかったけど、サッカー界から学ぶべきことが沢山あると改めて痛感しました。

という、そもそもリーグの働き方が未知数だったという意見や、スポーツで世界と企業をつなぐ仕事や、スポーツでできることの武器が増えたという印象を持った受講生が多かった様子です。

また、今後の展開に関しては、アジアにおけるJリーグの価値を高めたその先には、

◎Jクラブ・スポンサー企業のメリット向上
◎日本におけるサッカーの価値向上
◎W杯での日本代表の躍進…!!

などなど、日本サッカーファンが求める未来はもちろんの事、
サッカーがもたらす日本への影響力も格段に上がった状態が容易に想像可能です。

その未来を実現させる為にも、まだまだ社会におけるスポーツの価値を
山下氏の言葉に変えて言うならば「情熱を持ち、スピード感をもって推進する」チカラが必要。

卒業生にもサッカー界を支え、未来をつくる人材が多数いるCAMP生。
続々進出するメンバーの後に続く、受講生の今後の更なる活躍に期待ですね!

 


【第19MARS CAMP 2019 Fall&Winter 募集受付中!】9月30日(月)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が600名を超え、開講から10年目のシーズンを迎えました!

「全18回(情報)×実践型インターン(経験)×600名越えスポーツ業界人脈(接点)」
MARS CAMPは更に学生/社会人のスポーツ×キャリアを支える仕組み!

 

業界で活躍するために必要な情報と経験と接点を6ヶ月という短期間で一挙に紡ぐための、第19期会員の受付開始を決定しました!

▼第19期 MARS CAMP詳細はコチラ

 


<第19期開催前無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第19期 MARS CAMP 2019FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第19期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

株式会社Jリーグマーケティング
専務執行役員

山下修作

1975年生まれ、埼玉県出身。北海道大学大学院修了。リクルートで営業、編集、企画、新規事業立ち上げ、ウェブメディアのリニューアル、プロモーション、マーケティング等に携わる。2005年より、Jリーグ公認ファンサイト「J’s GOAL」の運営やJリーグのウェブプロモーション事業に従事。2012年より、Jリーグアジア戦略室室長としてアジアを中心とした国際戦略を展開。2016年よりJリーグ国際部長、本格的にアジア戦略を推進する。2017年4月より株式会社Jリーグマーケティング専務執行役員。国内および海外事業を手掛ける。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりマーススポーツエージェント(現:ウィルオブ・スポーツ)立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなどを経験し、2010年「MARS CAMP」創設。現在は社内事業統括、新規事業立案・推進を担う。スポーツ関連企業の外部人事部としてスポーツ×キャリアをトータルでプロデュースしながら、2020以降に事業化・プロ化を視野に入れる各種スポーツ中央団体の事業パートナーとして各種プロジェクトを推進中。