セレッソ大阪のトップ登場!リアルな事業内容と普段聞けない裏話をお届け!

講座レポート

  • 対象講座
    クラブ経営と新たなる挑戦
  • 日時
    2014年7月25日(金) 19:30~21:30
  • 会場

    TKP新宿ビジネスセンター 11Fスカイ会議室

    東京都新宿区西新宿2-3-1 モノリスビル11F

  • 講師/ゲスト
    岡野 雅夫詳細
  • ナビゲーター
    仲島 修平詳細

『2010サッカーW杯得点王・フォルラン獲得』
『メディアも注目する”セレ女”ブーム』
『柿谷曜一郎、山口蛍など若手イケメン選手の躍進』
『2013 最優秀育成クラブ受賞』

等々、今Jリーグで最も注目を集めているチームといっても過言ではないセレッソ大阪より、遠路はるばる大阪から代表取締役の岡野氏にお越し頂き、スポーツチームの仕事のリアルを伺ってきました!

世間の注目を集める仕掛けもさることながら、2013年のJリーグアウォーズでは最優秀育成クラブ賞をはじめ、多数のタイトルを獲得するなど、強化・普及・育成も含めたチームの仕事に着目。

チームの顔であり、トップである岡野氏より、事業内容・収益構成について触れて頂きながらイベントスタート!

20140725_s002 20140725_s003

フォルラン獲得や若手選手の活躍により、注目度が上がっていることと同時に、シーズンシートの販売枚数やファンクラブ会員も軒並み増加!チームの収益はここ数年で大幅に増加の一途。
「グッズは小さなサイズから売れる」と岡野社長がお話しされたように、サッカー界で『セレ女』と称される存在によるマーチャンダイジングの売り上げUPや、総合型地域スポーツクラブとしても活動することによる基盤の確立による効果もあり、2013年シーズンにはクラブの年間最多入場者数も歴代最多を叩き出すなど、ファンの中で生まれた熱を、持続的に収益、そして更なるサービスの拡充に繋げていく取り組みが隠されています。

仕事のリアルとしてお話頂いた中で、まず気になるのはフォルラン選手獲得の経緯。
「フォルランのトリカタ」という社長のお話はここには記載できませんが…(笑)
数字を交えながら、獲得するまでの間に必要な道筋を立てた話を事細かにお話頂いたこともあり、勘の良い方であれば、フォルラン選手の年棒が透けて見える…!?ほど、この日会場に来ていた参加者へリアルなお話を頂きました。想像するだけでも多額な年棒が必要なことは誰しもが想像つく部分ではありますが、その年棒を払えるだけの収益施策もワンセットで考えているのが岡野氏。

例えばフォロワー4000万人というフォルラン選手個人が持つ絶大な影響力を、いかにスポーツチームの収益に繋げていくかも重要。また獲得のタイミングもしかりで、クラブライセンス制度も鑑みた上での仕掛けになっていることが明らかになりました。

またトップチームの強化施策と別軸で、セレッソ大阪の地域密着・若手育成のリアルもお披露目。”トップチームの日本人選手は、アカデミー出身選手のみで構成”というクラブが掲げている「2030年宣言」に関しては、岡野氏自身も「とんでもないことを言っている(笑)」と表現する中、それを実現させる為の取り組みが必要であり、その一つとして「ハナサカクラブ」という育成サポート制度が、他のチームには無い大きな特徴。

現在もクラブで活躍中の山口蛍選手や扇原選手もこの制度を通して、経験を積み、卒業していきましたが、この制度のポイントは、ファンの皆様がまさしく「親」になる取組で、選手育成の一翼を担うファンの存在は、継続的に世界へ羽ばたく選手を育成する上でまさに力強いサポーター!それらの根本のスタンスがあって、香川真司、清武弘嗣、乾貴士、そして柿谷曜一朗といった選手達がセレッソ経由・世界行きに繋がっていることに参加者の誰もが納得したことでしょう。

20140725_s004 20140725_s005

この後も、Jリーグの進めている活動とも根深くつながるセレッソのアジア戦略を絡めたミャンマーでの展開や、今後のチーム経営を行う上で外せない、メガタウンを初めとした地場での活動を熱量とユーモアを織り交ぜながらお話頂きましたが、

「オフレコ話満載で、面白く、学びになりました。お腹いっぱいです(笑)」
「ここでしか、社長にしか絶対に聞けない話が聞けたので、大満足です!」

という声が頻発したとおり、熱量のある参加者にお付き合いいただき、お聞きした質問すべてに赤裸々にお答えいただいたお話のリアルはここでは自粛します(笑)

参加者からは
◎シーズンシートと「ハナサカクラブ」の連動施策に一番驚いた
◎お金の話、クラブ経営の生々しいリアルな話しを聞けて大満足です。
◎一般的にトップの大物選手獲得の動きばかりが表に出てきますが、根本の思想である育成の具体的施策と現状を伺うことができ、本気度を知ることができました。
◎チームだけではなく、リーグを盛り上げようというスタンスに感銘を受けた
◎チームで働きたい自分にとって「毎日がファンサービスという」という概念が刺さりました
◎MARS CAMPで実際にJクラブのインターンをしているからこそ、自分がいかにまだまだ無知だったかを強く感じた。

スポーツクラブが世の中に提供する価値の大きさへの理解と、それを実現させる為の具体的な手法・経験のいずれも持ち合わせている岡野氏だからこそ聞けたお話ばかりで、
今後スポーツを仕事にして盛り上げていきたいと考える参加者にとって、多くの学びと刺激、そしてサービス精神を受け取ることが出来たのではないでしょうか。

「今季はとにかく勝たないと!!(笑抜き)この業界に必要な人材は“トライ&エラー”ができる人材…それも1000万円ぐらいの失敗ができる人ね。1000万円となると考え抜かないといけないでしょ?やり抜かないといけないでしょ?考え抜いてやり抜いて、それでもできなかった時は前進してるよ。でも、そこまでやったら大概失敗しません。それだけの企画は周りを自ずと巻き込む企画になり、失敗しないように組織として一体感も生み出す人材になりますよ!」と強烈なお言葉を言い放った岡野社長。セレッソのみならず、クラブ・リーグ・協会・そして社会における更なる影響力に期待させていただきます。

ラストメッセージでは
「もし、この中でサッカー界に行きたいという人は、絶対に何があろうとも我々は世界で戦っていくんだ!という気概をもってきていただきたい。それは強化だけじゃなく、クラブ運営においても。なかなかマンチェスター・Uのように数百億円規模の売上をつくる…とはすぐにはいかないかもしれませんが、お客様に対してどれだけのサービスを提供できるのかというところでやり切れるか。どれだけ喜んで頂けるのか。目の前のお客様だけでなく、たくさんのステークホルダーがいるのがこの業界なので、その中でどれだけの価値を認めていただけるのか。このあたりを狙って、考えて、行動にうつす以外に方法はないので、やって頂きたいなと思っています。
MARS CAMPに来ているような方々とは、また一緒に仕事したり、同じ業界で話したりすることが絶対にあると思います。それがセレッソ大阪の事務所になるかもしれませんし(笑)こういったところで会うこと自体“縁”なので、一緒になって絶対に日本のスポーツを盛り上げていきましょう!」と愛に溢れたお言葉を頂戴しました。

講義後に開催された交流会でも、講義同様参加者にたっぷりと愛を注いで下さった岡野氏。講義以上のオフレコ話が飛び出したことは言うまでもありません(笑)

 


【第19MARS CAMP 2019 Fall&Winter 募集受付中!】9月30日(月)締切

「スポーツ業界で活躍する仲間を増やす」ことを実現し続けるコミュニティとして、
2010年からスタートした、スポーツビジネスで活躍するための最速講座。
現在ではスポーツ業界で活躍するCAMP生が600名を超え、開講から10年目のシーズンを迎えました!

「全18回(情報)×実践型インターン(経験)×600名越えスポーツ業界人脈(接点)」
MARS CAMPは更に学生/社会人のスポーツ×キャリアを支える仕組み!

 

業界で活躍するために必要な情報と経験と接点を6ヶ月という短期間で一挙に紡ぐための、第19期会員の受付開始を決定しました!

▼第19期 MARS CAMP詳細はコチラ

 


<第19期開催前無料説明会 開催中!>

10月からスタートする「第19期 MARS CAMP 2019FW」について
詳しくご説明する「無料説明会」を開催します!
最新の就・転職情報も併せてお届け。
スポーツ業界最新就・転職関連情報を手に入れたい方もどうぞ!

▼説明会の日程確認と申し込みはこちら

(※『第19期 MARS CAMP』へのお申込みは、説明会への参加が必須ではございません。)

▼卒業生就職先一例も含めたインタビューはコチラ

講師/ゲスト

大阪サッカークラブ株式会社
代表取締役社長

岡野 雅夫

1953年生まれ、京都府出身。
1978年、早稲田大学商学部卒業後、ヤンマーディーゼル株式会社(現ヤンマー株式会社)入社。
1992年、株式会社ヤンマードリームエージェンシー取締役社長就任を皮切りに、ヤンマーエネルギーシステム株式会社広島支店長、同福岡支店長、同大阪支店長、ヤンマー株式会社ブランドマネジメント部長などを歴任。
2011年、大阪サッカークラブ株式会社取締役を経て、2012年1月、大阪サッカークラブ株式会社代表取締役社長に就任。

08年まで企業の外部人事部機能を担い、企業経営における人材開発・採用戦略の立案・導入を行う。08年よりマーススポーツエージェント(現:ウィルオブ・スポーツ)立ち上げ参画。アスリート・プロチームのマネジメント、スポーツイベントプロデュースなどを経験し、2010年「MARS CAMP」創設。現在は社内事業統括、新規事業立案・推進を担う。スポーツ関連企業の外部人事部としてスポーツ×キャリアをトータルでプロデュースしながら、2020以降に事業化・プロ化を視野に入れる各種スポーツ中央団体の事業パートナーとして各種プロジェクトを推進中。